*連作「真銀さんとラブレター


 「秘密の。。。」のマルチエンディングの1つです。


----------


「良く出来ました。」

 喫茶店のテーブルに、真銀さんが封筒を出します。

 その表面には、大きな花丸が描かれていました。

 自分の書いたラブレターを、野上君は見詰めます。

「…合格?」

 頷いた真銀さんは、自分の紅茶のカップに手を伸ばしました。

「添削料でご馳走してもらうのも…次が最後かぁ。。。」

 沈黙している野上君の様子を、真銀さんが伺います。

「最初に行った<カフェ敦賀>でも良い?」

「…了解」

「来週の…土曜日で良いよね?」

 口を結んだ野上君は、黙って頷きました。

 何か言いたげな野上君に、真銀さんは気が付かないフリをします。

「で、再来週の土曜日…なんだけど。」

「?」

 真銀さんは、脇に置いた鞄から 2つに折られたチラシを取り出しました。

 カラフルな印刷のチラシを、野上君に見える様に テーブル上で開きます。

「これ見に行かない?アルフォンス・ミュシャ展」

「え?」

「これは、添削料じゃないから…割り勘で良いよ?」

「…」

 口をぽかんと開けた野上君からは、答えが返って来ませんでした。

 真銀さんは、テーブルに手を付いて身を乗り出します。

「─ 行くの?行かないの?」

「…い、行きます!」

 返事に聞いて、微笑む真銀さん。

 身体を引いて、満足そうに椅子に腰を落とします。

「その次のデートは…野上が行きたい場所に付き合うからね♡」



----------


真銀さんとラブレター

ラブレターに関するお話


    

    
★過去の作話★「月白の諧謔」

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ