「─ いちごジャム、美味かったか?」

 いつもの公園の、いつもの待ち合わせ場所。

 先に待っていた景冬君の呟きが、明夏さんの足を止めます。

「は?!」

「朝食でトースト、食ったんだろ?」

「どうして 知ってるの!?」

 右手を上げた景冬君は、人差し指を口元に運びました。

 真似をして、同じ動作をする明夏さん。

「え?! 何これ!?」

「食べた覚えがあるなら、多分 いちごジャムじゃないのか?」

「な、何で 早く教えてくれないのよ!」

「だから、会うなり教えただろ。」

「私が、家を出る前に教えてよ!!」

「無茶を言ってるって、判ってるよな!?」

「口の横に…いちごジャムを付けたままで、ここまで来ちゃったでしょ!!!」

 明夏さんの手が動き、景冬君の背中を叩きます。

「この、役立たず!!!!」

「…地味に痛いから、その癖は止めろって言ってるだろ!」

----------

「…ねえ」

 その日の晩。

 自宅の景冬君に、明夏さんから電話が掛かります。

「家に帰って鏡を見たら…私の口の横に 何故か 赤いものが付いてたんだけど」

「多分、ホットドッグのケチャップだろうな」

 明夏さんは、声の温度を下げました。

「─ もしかして、気づいてたの?」

「まあな」

「何で、教えてくれなかったのよ!」

「背中を、叩かれたくなかったからだ」

「え?!」

「教えたらお前、『何で 付く前に教えてくれないのよ!』って 理不尽な理由で叩くだろ?」

 しばらくの沈黙。

 スマホから、小さな明夏さんの声が 漏れ出ます。

「ごめん…もう叩かない様にする。だから……次からこう言う時は………ちゃんと教えて?」

「判った」

「─ ひとつ、教えてくれるかな」

「ん?」

「ベンチでホットドッグ食べた後、ふたりで公園を歩いた時…景冬は恥ずかしくなかったの??」

「俺は、注目を浴びる原因が自分じゃなければ 気にしないタイプなんだ」

----------

「おーはーよー」

 いつもの待ち合わせ場所。

 明夏さんが、ご機嫌で現れます。

 一瞬の躊躇の後、景冬君は口を開きました。

「おい、明夏」

「なーに?」

「髪に、寝癖が付いてる」

「な、何で もっと早く教えてくれないのよ!」

 間髪入れずに、景冬君の背中を叩く明夏さん。

「あ。」 

「めーいーかー」

「ご、ごめん。。。」

「だから、その癖はやめろって言ってるだろ!」



----------

デートのお話


    

    
★過去の作話★「月白の諧謔」

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ