「江戸三〇〇藩 最後の藩主 うちの殿様は何をした?」は幕末の動乱期に「最後の藩主」である「各藩の殿様」が何を考え、どう行動したのかが書かれた本。

「第七章 殿様たちの明治・大正・昭和・平成」に記されているのは、

明治維新の際に、日本が参考にした、フランスの地方制度は、ナポレオン時代にイエズス会の宣教師達に紹介された、古代中国のシステムを模したものだった。

戊辰戦争の処分で、米沢藩は会津に転封されそうになったが、新政府に献金して取り消してもらった。

廃藩置県の直後は「3府302県」体制で、その後「3府72県」、「3府39県+北海道開拓使+琉球藩」、「47道府県」を経て、昭和になって「47都道府県」となった。

等々…



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ