「おい、芽生子!」

女性は、隣で自分の名前を呼ぶ男性を見ました。

手を伸ばすと、芝生で寝ている彼の肩を揺すります。

「和太?」

「…」

「おはよう…」

「…寝てた?」

「─デート中、なのにね」

「…ごめん」

「で、どんな夢、見てたの?」

「…見てないけど」

「私の名前、呼んだよ?」

「…」

「見てなかったら、寝言で名前なんか、呼ばないでしょ?」

「そうかもだけど、見てないし…」

「…私に言えない様な、夢見たとか?」

「どんな夢も、見てないんだけど…」

「寝てる時に見た夢の話なんだから、どんな内容でも、怒ったりしないって!」

「だから…見てないんだって!」

「…判った」

この変な問答が終わのかと、ほっとする和太君に、芽生子さんは言いました。

「もうお終いね、私達。」

「…え?」

「見た夢の話もしてくれない様な、薄情な人とは、私、もう付き合えない!」

そう言葉を発した彼女は、立ち上がって、すたすたと歩き出します。

和太君は、遠ざかる彼女を止めようと、声を掛けました。

「おい、芽生子!」

-----

女性は、寝言で自分の名前を呼ぶ、隣の男性を見ます。

手を伸ばすと、芝生で寝ている彼の肩を揺すりました。

「和太?」

「…あ、芽生子?ごめん、寝ちゃって」

「─ところで今、どんな夢、見てたの?」



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ