「MAGI×ES 魔法小路の少年少女」は、「演劇科」に見せ掛けて、実は「魔法使いの卵たちの秘密の教育」を行っているイギリスの学院でのお話。

本書では、

「練習不足で呪文を失敗」と「レベルの高い呪文を使おうとしすぎ」が原因で、助けられなければ「30年たっても、まだ踊っていたわよ」な「妖精の輪」に捕まったり、

自分より小さい女の子に「好き嫌いしてると、大きくなれないのよ」でも「これ以上、大きくならないで」なので「無理に食べなくても、大丈夫よ」と奨めたり、

「幽霊」が、イギリスには出るが、アメリカに出ない理由が「国ができてから、250年だしね」だったり…



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ