黒後家蜘蛛の会 (4) (創元推理文庫 (167‐5))
アイザック・アシモフ
東京創元社
1985-11-08


「黒後家蜘蛛の会」は、ニューヨークのミラノ・レストランで、月一で行われる、女人禁制の晩餐会での「謎解き」のお話。

本書の謎は、

「質の悪い冗談は、何故、殺人事件に繋がったのか」

「”悪者になれない間抜け”だと思われたのは何故か」

「どうやって女性は、レストランで、消え失せる事が出来たのか」

等々…


    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ