以前、痛風になりかかった時の事。

医者から貰った、怪しい薬を飲まずに、本格的に痛風になる事態を避けるために、ダイエットをする事にしました。

-----

減量に当たって、まず考えたのは、平日のお昼の外食。

これを止めれば、かなりの減量が出来そうです。

しかし、ランチは会社の同僚と食べに行きます。

止めるなら、事情を話す必要があるでしょう。

が、他人に、ダイエットをしてる事は、出来る事なら、言いたくはありません。

何せ、成功するかどうか、判りませんから。

また、仕事中の、唯一の楽しみである、昼食が満足に食べられないのは、かなり辛そうな気がします。

なので、平日のお昼は、今まで通りにする事に決めます。

-----

どこかで食べる量を減らさないと、体重は減らせません。

そこで考えたのが、夕食の軽食化。

空腹で、寝られない事がない程度に、納豆なり、ヨーグルトを軽く食べる事にします。

その代わり、朝は、若干早起きして、朝食をしっかり食べる事にしたのです。

これだけだと、ストレスが溜まって、ダイエットが続けられそうもありません。

なので、休日は、夕食だけを、特に制限なしで食べる事にしました。

-----

こんな怪しいダイエットでも、85キロ以上あった体重が、およそ3ヶ月で、70キロぐらいまで落ちたのは、そもそもが、太り過ぎだったからでしょう。

その証拠に、後10キロ落とそうと、プラス半年ほど頑張りましたが、体重は、1キロも減らなかったですし。。。

-----

その後、もう少し体重を減らしたいと思い、減量方法を変えてみました。

カロリー管理をして、3食普通に食べる方式に切り替えたのです。

直後は、1年で体重が5キロ減り、65キロに出来ました。

これは良いと、標準体重の55キロを目指して、続けてみたのですが…

結局は、その後7年もかけて、体重を60キロ程度までにしか、落とせていません。。。



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ