「どうしたんですか!?こんな所で?」

「よかった、実は道に迷ってしまいまして」

思わぬ所で出会った知人は、どうも迷子になっていたようです。

「描いてもらった地図を見て歩いていたのに…」

迷子になる様な地図を、一体誰が描いたのか?

「あー」

確認してみて、思わず納得。

それを描いたのは、方向音痴で有名な人だったのです。。。





    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ