友人の家に、不思議な生き物がいました。

それは、クッション大の、くまのぬいぐるみのような感じのものです。

一緒に暮らしているそうです。

挨拶すると、ちゃんと挨拶を返してくれました。

客である彼女に、座布団も出してくれます。

彼女が手土産に持参したケーキも、おいしいそうに食べました。

「動けるし、しゃべれるし、食べれるし、なんなのこれ…」

疑問が湧いてきます。

「どーしたの?」

そんな様子に気付いた友人に、声を掛けられました。

そこで彼女は、思い切って聞こうとしたのですが…

「あの…え~と…」

頭に、適当な質問の言葉が浮かばなかったので、何も聞けなかったのでした。。。





    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ