「箱が…2つ?」

部屋に足を踏み入れた如月さんは、テーブルに近づきました。

後に続いた霜月さんが、ドアを閉じます。

「じいちゃんの秘蔵品は、その中」

「ふーん」

「どっちから見る?」

「同じ大きさの箱かぁ…」

右手の人差し指で、自分の鼻の頭を軽く突く如月さん。

「大小の箱なら、小さい方を選ぶのが正解なんだろうけど」

「─ 舌切雀?」

「それが様式美だし」

霜月さんが、如月さんに体を寄せます。

「でも あれって…大きな葛籠を選んだのがお婆さんだったから、外れだったと思う」

「もしお爺さんが選んでたら、中身はお宝だったって事?」

「そう。」

「…まあ雀の目的は、あくまでもお爺さんへの恩返しだしねぇ」

如月さんの腕に、霜月さんは腕を絡めました。

「つまり、お婆さん小さい葛籠を選んでいても…中は化物」

「理屈では、そうなるよね」

「じゃあ…私にとっての如月は、どちらでしょう?」

予期しない問い掛けに、如月さんが固まります。

正面を向いたままの霜月さんは、目だけで様子を伺いました。

「化物なんか入ってないから、大丈夫。」

「…」

「そんな事したら…私にも被害が及ぶしねぇ」

「ちょっと霜月…」

自分に組まれた腕を、如月さんが邪険に振り解きます。

「─ 私が、意地悪婆さん認定されてる様に、聞こえたんだけど?」

「被害妄想は、いけないねぇ。。。」

----------

「この虫眼鏡みたいなの…」

最初に選んだ箱に入って物を取り出した如月さん。

レンズ越しに近くのものを透かして見ます。

「大きくも、小さくもならないんだけど」

霜月さんは、どこからか10円玉を取り出し、手の平に載せました。

「これを見てみて」

「え? 硬貨が…1000円札に見えるんだけど?!」

「それ、何故かお金が、100倍に見える拡大鏡なんだって」

「…」

「100円玉なら、1万円札に見える」

「な、何で?!」

「そう言うアイテムだから?」

「一体、どういう理屈なの!?」

「この手のアイテムに、そう言う事を求めるのは、無粋ってものだよ。」

----------

「…ボタンが多い大型電卓?」

もう一つの箱の中を見て、首を捻る如月さん。

手を伸ばした霜月さんが、機器を取り出します。

「これはねぇ、色々入力すると…真実の年齢が判る計算機」

「真実の年齢って…」

「実年齢から、無駄に過ごした年月を引いた年齢」

手にした計算機のボタンを、霜月さんは指で適当に叩きました。

「例えば…実年齢が20才でも、有意義に過ごした年月が10年しか無ければ、その人の真実の年は、10才なんだって」

「…」

「自分の今までの人生の日々の大半が無駄だと判断されるのは…中々の非情だよねぇ」

沈黙する如月さんに、霜月さんが意味ありげに微笑みます。

「確か、如月の生年月日は…」

「え? 何をするつもり?!」

「ちょっと、如月のデータを、入れてみようかと」

「そんな事、しなくて良いから!」

「まあまあ。どうせインチキだし♡」

「しーもーづーきー!!」

霜月さんの手から、如月さんは乱暴に計算機を奪いました。

「─ あんたの方が私より、よっぽど意地悪婆さんに相応しいから!」



----------

如月さんのお話



霜月さんのお話


    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ