「はー♡」

1冊読み終えた和香さんは、満足の溜息を漏らしました。

本を仕舞おうと、ベンチの右側のバッグに手を伸ばします。

その時初めて和香さんは、空いていた隣に、誰かが座っている事に気が付きました。

「…ん? 何で、こんな所にいるの!?」

驚きの声に、本から顔を上げた正也君が応えます。

「多分…和香と同じ理由。」

自分が、公園でデートの待ち合わせしていた事を思い出した和香さん。

バッグのポケットから、懐中時計を探り出します。

「─ もう、40分も過ぎてるじゃない!」

「約束の時間の5分前には、僕は ここに座ってたけどね。」

「え…?」

「本に没頭してた和香には、気が付いて貰えなかったけど」

和香さんは、正也君の二の腕に手を伸ばして、軽く揺すりました。

「声、掛けてくれれば、良かったのにぃ」

「読書を中断させると、不機嫌になるでしょ? 和香は!」

「そ、そうかなぁ…」

「前回そうしたら…1日中不機嫌だったし」

首だけ曲げた正也君が、和香さんを軽く睨みます。

「隣に座れば、
流石に気配に気が付いて、読書を中断してくれるかと思ったんだけど…」

「…」

「10分経っても、そんな気配が微塵もなかったので…諦めて僕も本を読み始めた。」

「ご、ごめん。。。」

----------

「ぎ、銀星堂に、寄らない?」

公園から、いつもの喫茶店へ向かう道の途中。

和香さんが口にしたのは、大型書店の名前でした。

正也君が顔を顰めます。

「…帰りになら。」

「えー どうしてぇ?」

いきなり立ち止まる和香さん。

手を繋いでいた正也君は数歩先で止まります。

「さっきの本の続き…買うんでしょう?」

「そう♡」

「先が気になる本が手元にあったら、我慢出来ない人でしょ? 和香は」

振り返った正也君に和香さんは縋り寄りました。

「や、約束する! デート中には読まないし!!」

「─ ホントに?」

首がちぎれる勢いで頷かれ、正也君は渋々折れます。

「仕方ないなぁ。。。」

----------

「…えーとぉ」

いつもの喫茶店の、いつもの席

注文の品がテーブルに揃うや否や、和香さんは上目遣いをします。

「お願いが、あるんだけどぉ…」

「『さっき買った本 読んでも良い?』なら、却下。」

「えー 何でぇ~」

「─ 今、デート中だって…認識してる?」

「でもぉ~」

「約束、したよね」

「ちょっとだけ! 10ページだけだから!!」

正也君は無言で睨みました。

唇を尖らせた和香さんが、身を乗り出します。

「声を上げて、大泣きするよ?」

諦めた正也君は、渋々譲歩しました。

「本当に…10ページだけ、だからね。」

満面の笑みを浮かべる和香さん。

声に出さずに口ずさみます。

「10ページだけで終わるなんて…あ・り・え・な・い♪」



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ