自分が愛する人々に、危害を及ぼす相手にさえ、愛他的に振る舞う。

そのために必要なのは、敵を傷つけないで屈服させられる様な、圧倒的な力である。

敵の攻撃から味方を守り、その上で、敵を愛情を持って敵を諭す。

力が無いものには、そんな事は出来ないであろう。

完全に愛他的に振る舞えるのは、神と呼ばれる存在だけかも知れない。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ