「ねえママぁ」

「なあに?」

「わたし…いもーと か おとーとが ほしい!」

「小さい子の お世話、出来るかな?」

「─ じゃあ、いらなーい」

「…」

「あ!」

「おねーちゃんか、おにーちゃんが いい!」

「うん、それは 無理かな。」



    

    
★過去の作話★「月白の諧謔」

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ