「…この怪しい文書は、何?」

霜月さんがテーブルの上に置いた紙を、如月さんは横から覗き込みました。

「じいちゃんの秘蔵品」

「─ 『雪乞いの仕方』って、書いてあるけど…」

「その儀式書みたいなんだよねぇ」

「必要なものは…桶と土と藁?」

「水を張った桶に、土で作った舟を浮かべて、藁人形を乗せるんだって」

----------

「土で作った舟って、水に浮くかなの…」

顔を上げた如月さんと、霜月さんの目が合います。

「コンクリートで作った船、知らない?」

「そう言えば…そんなの、あったかも」

「石みたいなコンクリで作れるんだから…土でも作れるじゃないかなぁ」

「どうやって土を、舟の形に固めるの?」

「水を混ぜて、泥にする」

「浮かべた瞬間、崩れると思う」

「うまく作れば大丈夫だよ。成功例もあるし」

「…カチカチ山はお伽噺だし、結局沈んでるから。」

「じゃあ粘土?」

「うまく作れば、浮く様な気はするけど。。。」

----------

「桶はあって、土は何とかなるから…あとは藁だねぇ」

再び紙に目を落とした霜月さんを、如月さんは横目で見ました。

「ネット通販で売っる藁人形、買えば?」

「アレを買うのはねぇ… 何か呪いとか、掛かかっていそうだし」

「だったら、その辺をウロウロしてみたら? 馬でも連れて」

「…逆わらしべ長者?」

「まあ、効率を考えたら…ミカンから始めるのが無難かもだけど」

「藁しべが1本手に入っても、人形は作れないしねぇ。」

「ホームセンターで、売ってないかな」

「藁人形用?」

「─ 園芸の敷藁用。」

「ああ! そう言う使い途の方が、一般的だよねぇ。。。」

----------

「もしかして…この儀式、やるつもりなの?」

訝しむ如月さんに、霜月さんは微笑みます。

「当然、一緒にやってくれるよね?」

「やっても、何にも起きないから」

「雨乞い成功の秘訣は…」

霜月さんは、如月さんに顔を近づけました。

「─ 降るまでやめない事、なんだよ」

「え…?!」

「雪乞いも…降るまでやり続ければ、必ず成功するから。」

「…ひとりでやって」

「天気予報確認して、雪が降りそうな日にやれば…より確実だよ?」

「降雪が判っている日に雪乞いして雪が降っても、何にも嬉しくないんだけど。。。」



----------

如月さんのお話


霜月さんのお話


    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ