「ちょっと、緊張してきたかも…」

まだ、人影も まばらな講堂の玄関ホール。

入学式会場に足を踏み入れるや否や、佳子は、そわそわと落ち着かない様子を見せ始めました。

私が密かに噛み締めていた、高校と言う新天地に立った事への感慨には、微塵も気づく素振りも見せず。

またかと呆れながら、案内板を目で辿って、あるものを探します。

目的の場所は、廊下の少し奥にありました。

他人には、ほとんど同一人物に見えるらしい双子の姉に、私は耳打ちします。

「まだ時間あるし、行っとけば?」

佳子の視線は、トイレの存在を示す表示に移動しました。

「亜子ちゃん。待ってくれないと、駄目だからね!?」

真新しい私の制服の袖の先が、指で摘まれ、言葉に合わせて引っ張られます。

頷いて見せる私。

安心した佳子は、微妙な早足で歩き出しました。。。

----------

「…先に家を出た私より、何で早く着いてる訳?」

廊下に掛けられた絵を眺めて、待ち時間を潰していた背中に、掛けられる声。

振り向いた目に入ったのは、私と同じ姿形の人間でした。

「か、佳子? い、いつの間に…廊下の奥のトイレから、玄関ホールまで移動したの!?」

私の問い掛けに、質問が返されます。

「たぁ なの? それとも なぁ??」

困惑して、沈黙する2人。

「おーまーたーせー♡」

そこに、もう1人、同じ容姿の人物が登場します。

「あ、亜子ちゃんが…ぶ、分裂してる!!」

----------

人の出入りが増え始めた入学式会場の玄関ホール。

三すくみ状態の、同じ姿形の3人の女子。

物珍しげな視線が、間欠泉の様に投げかけられるのを、私は ひしひしと感じ始めます。

その時、ホールに声が響きました。

「とおちゃーくぅ!」

「佐美さんが、先に着いてる筈なんだけど…」

言葉を発した人物に注目する、私と佳子と、見ず知らずのそっくりさん。

その先に立っていたのは、私達3人に瓜二つな、2人の女子生徒でした。

3つの視線を受け、2人は目を丸くします。

「さ、佐美が…さ、3人に増えてる!」

「…いつの間にか私達、五つ子になっちゃったのかしら。。。」

私の斜め前にいた、佐美さんと思わしき人物は、2人に駆け寄りました。

「たぁ! なぁ!!」

----------

入学式終了の講堂の玄関ホール。

私達は、お互いに自己紹介をしました。

「私は亜子。で、この子が姉の佳子」

「こちらが次女の多美さん。で、こちらが三女の佐美さん。私は長女の奈美です」

正面に立つ、3つの全く同じ顔。

私は思わず、驚愕の声を漏らします。

「三つ子さんって、珍しいですよね…」

「双子さんに、そんなに珍しがられても。。。」

面白がる声の奈美さん。

そんな事には感心を示さず、佳子が私の袖を引きました。

「…5人のそっくりさんだから、瓜二つじゃなくて…瓜五つだね! 亜子ちゃん♡」

反応に困る私の耳に、佐美さんと多美さんの言葉が届きます。

「実は私達、生き別れの双子と三つ子だったりする?」

「家に帰ったら…親父さんと お袋さんに、確認してみるか!」

----------

「世の中には、自分と同じ顔の人間が、3人は いるって言うけど…」

三姉妹と別れた後、私は佳子に呟きました。

「─ それが三つ子だとは、思わなかった。。。」

    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ