「体重を迂闊に量ったら…」

自分の体重計の数字思い出して、初音さんは言いました。

「ダイエットしないと、不味い事に気付いてしまったんだよね。。。」

それを聞いた、二葉さんが答えます。

「…一緒にやれって、暗に求めてたりする?」

「そうだけど?」

「自分に必要ないのに…ダイエット、したくないんだけど。」

「もう痩せる余地がない体型だって、言えるのかな?」

「…そう言う事、言うかな。。。」

二葉さんを、何とか自分のダイエットに付き合わせようとする初音さん。

しかし、しばらくしてから、こう言います。

「無理矢理…こんな事に付き合わせようとしてごめん。やっぱ…独りで頑張る事にする。」

それは、初音さんが、こう思ったからです。

「もし二葉と一緒にダイエットをしたら、自分だけ途中で止めたくなったら時に面倒かも。。。」

----------

二葉さんは、初音さんに確認しました。

「…ダイエット。付き合わなくても良いの?」

「あんたに…迷惑かけても、悪いしね。。。」

「…」

「…何?」

「ダイエット、自分だけ途中で止めたくなった時の事、考えたりした?」

「えっ…?」

「そう言う時に、一緒にやってる人がいたら、面倒かもとか。」

「そ…そんな事。。。」

初音さんは、狼狽えます。

「とにかく…独りで頑張るから。」

「何で、私も一緒にするよ?ダイエット」

「ふ、二葉さんには、ひ、必要無いんじゃ…ないかな?」

「さっき私が、まだ痩せる余地のある体型だって、言ったよね?」

「…そ、そんな事。い、言ったかな?」

「一緒に、頑張りましょうね。」

「…でも。。。」

「安心して!初音がダイエットを、途中で投げ出す様な事、絶対にさせないから。わ・た・し・が!!」



----------

初音さんのお話


二葉さんのお話


    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ