「今年の誕生日は…」

いつもの喫茶店の いつもの席

目の前に置かれた、花火付きスペシャルかき氷から目を逸らさず、葉月さんは呟きました。

「─ 花束を、プレゼントして下さい♡」

線香花火の閃光の様な、細かい花状の火の玉に見入っていた真一くんが、我に返ります。

「え!?」

「何で『え!?』なんですか?」

唇を尖らせた葉月さんに、真一君は口を引き結びました。

「花なんか…買った事ない」

「世の中には『お花屋さん』って場所が有ってですねぇ…」

「それぐらいは、知ってる。」

真一君の視線が、向かいのテーブルの真上の照明まで移動します。

「じゃあ、宅配サービスの花を頼んで…」

「シンちゃんが、私に手渡し してくれないと、駄目です!」

救いを求める目で、真一君は葉月さんを凝視しました。

「…花屋で花を買うのが、恥ずかしいんだけど。。。」

「そこは、頑張って下さい♡」

----------

「花束は…」

かき氷にトッピングされたフルーツを、葉月さんがスプーンで掬います。

「─ デートの最初に、渡して欲しいです♡」

半分のぐらいまで減った宇治金時から、真一君は顔を上げました。

「…は?」

口にフルーツが到着する寸前で、葉月さんのスプーンが止まります。

「その『は?』は、なんですか?」

テーブルにスプーンを置く真一君。

「…葉月ねーちゃん」

「何でしょうか? 真一さん」

「最初に花束を渡すのは、構わないけど…」

テーブルの葉月さん側に、軽く身を乗り出します。

「そうすると…デートの間中、ずっと花束抱えて歩く事になるけど…大丈夫?」

「あ…」

真一君は、固まった葉月さんに気が付かないフリをして、自分のスプーンを手に取りました。

「1人で花屋に行っても、よく判らいから…」

「…」

「葉月ねーちゃん。デート終わりに、一緒に行って…選んでくれるかな?」

「し、仕方ないですね。。。」

----------

「ところで…」

真一君の声に、マンゴー色の氷の山に集中していた葉月さんが反応します。

「何ですか?」

「花瓶」

「…はい?」

「─ 当然…あるんだよね?」

「あ、有る筈です。家中、探せば…」

目を逸した葉月さんを、真一君は大げさに睨みました。

「花のプレゼントを ねだって、それを飾る花瓶…無いんだ?」

俯く葉月さん。

怒ったフリをしようと、真一君は表情を引き締めます。

言葉が口から発せられる寸前、葉月さんは顔を上げました。

「今から、花瓶を買いに行きしょう!」

「…へ?!」

「気合い入れて、立派なのを買いますね。」

二の句が継げない真一君に、葉月さんが微笑みます。

 「だから…それに負けない様な、素敵な お花をプレゼントしてくれないと駄目ですよ? シンちゃん♡」



----------

葉月さんのお話



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ