その店は、所謂、裏通りにありました

古いと言うか、うらぶれたと言うか、何か怪しい感じの喫茶店です。

彼は、その店が気になっていました。

ある日、思い切って、その喫茶店に入ってみます。

店には、客は誰もいませんでした。

男性が席に着くと、お盆を持った店主が来ます。

そして、彼のテーブルに、2人分の水とおしぼりを置いたのでした。

「?」

思わず店主の顔を見て、男性は思います。

「ボケてる?…冗談?」

そこで彼は、ある事を思い付き、実行してみました。

「あなたは、見える方なんですね? 息子も喜んでます」

その言葉に、店長はこう答えたのです。

「…え? 息子さんなんですか。 ─ あんまり可愛い顔の子なんで、娘さんかと思いましたよ。。。」



----------

喫茶店のお話



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ