「この問題、わかるひとー?」

「はいっ! 僕わかります!!」

「じゃあ、前に来て、答えを黒板に書いてください。」

----------

「えーと、えーと、えーとぉー…」

「…どうしたの?」

「ご、ごめんなさい。。。」

「?」

「先生の側に来たかったので…わからないのに手をあげました♡」




    

    
★過去の作話★「月白の諧謔」

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ