「茜ちゃんは…バレンタインのチョコ、手作りするんだって!」

デートで繋いでいた手を、琴音さんは軽く引っ張りました。

「だから、私も。」

隣を歩いていた、宏和君の表情が歪みます。

「ダーメー」

「えー 何でぇー」

「…去年の惨状を、忘れたの?」

「い、一生懸命、作ったのに!」

「手作りチョコに必要なのは…結果なんだよ?」

「ひーどーいー」

琴音さんが膨らませた頬を、宏和君は指で突付きました。

「作った本人にも食べられなかったものを…一口とは言え口にした人間に、そう言う事 言うかな」

「ヒロは…私からのバレンタインチョコ、欲しくないの?」

「…普通に食べられるチョコが希望かな。」

----------

「別に、市販のでも…」

宏和君の言葉を遮るように、琴音さんは突然立ち止まります。

「…分けてもらう事にする!」

「は…?!」

「茜ちゃんにお願いして…チョコ、少し多めに作って貰えば…」

繋いでいた手を引っ張られる形で、軽くつんのめりる宏和君。

「琴ちゃん…」

「なぁーに?」

「─ バレンタインチョコが、他人の手作りと言うのは…どうなんだろう」

「茜ちゃんは他人じゃない! 私の親友なんだから!!」

「いや、そう言う問題じゃなくて…」

「…じゃあ、ママに作って貰う」

「えーと、琴ちゃん?」

「ママを、他人だって言うつもり?!」

「だから…そう言う事じゃなくてね。。。」

----------

「…落ち着いた?」

隣に寄り添って背中をさする宏和君に、琴音さんが頷きます。

「んー」

「どうして…手作りに拘る訳」

「うー」

琴音さんは、唇を噛みました。

「─ 彼氏チョコが市販品なのは、負けた気がする」

背中をさすっていた宏和君の手が止まります。

「じゃあ…チョコ、作れば?」

「え? 良いの!?」

「…僕が手伝うよ」

「ヒ、ヒロは…作れる人なの?」

「経験はないけど、多分 琴ちゃんよりはマシ」

再び背中をさすり始る宏和君

その手から、琴音さんが逃げます。

「わ、私の方が…ちゃんと作るれるんだからね!!」

----------

バレンタイン当日。

「はいヒロ。ハッピーバレンタイン♡」

「─ 結局作ったのは、僕だけどね。。。」



----------

バレンタインのお話


琴音さんと宏和君のお話


    

    
★過去の作話★「月白の諧謔」

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ