「出たな化物!」

魔法陣の中に向かって、私は叫んだ。

異形の物が、不機嫌そうに応じる。

「我輩は悪魔だ。失敬なヒトめ…」

「冗談の通じないやつ。」

私は腕を組んだ。

「そんな事は、召喚した本人だから 知ってるしぃ」

「其方…我輩に何を望むのだ?」

「別に何も」

悪魔は虚を突かれた様子だった。

「で、では…我輩を、何故呼び出したのだ?」

「実は私、召喚術使い なんだけどね…」

天井を仰ぎ見ながら、私は呟いた。

「─ ほら、術って…たまには使わないと、忘れちゃうじゃない。」

「は?」

「ぶっちゃけ…スキル維持のために、呼び出しただけ」

沈黙する悪魔。

気を取り直して、声を低く響かせる。

「い、何れにしても…我輩を呼び出した代償は頂く」

「もしかして…魂?」

「当然だ」

「魂を要求して良いのは、願いを叶えた時と、契約がある時 だよねぇ…」

「う」

「あんた…何にもしてくれてないよね?」

「うう」

「─ 私、契約した覚え、ないんだけどぉ」

「ううう」

「約定と掟を重んじる悪魔が…そう言う事して、良いのかなー」

「うううう」

「騙そうとしたんでしょうけど、私を侮らないでね!」

「ううううう」

脇のテーブル置いておいた、年代物の羊皮紙に私は手を伸ばす。

「良いもの、見せてあげるね」

革紐を解き、悪魔に広げた皮紙を見せる。

「さて これは、何でしょう?」

「マ、マダクイア閣下の親書?!」

「代々うちの家系は、それなりに親交があってねぇ…」

狼狽える悪魔に、私は微笑む。

「近々 会うから…ついでにチクっちゃお♡」

「ご、ご勘弁を!」

「えー どうしよぉー」

「な、何卒 ご内密に!!」

「…対価は?」

「何なりと!!!」

----------

謙虚な私は、大騒ぎになるのもあれなので、若干寂しかった財布の中身を、それなりに補充して貰う事で、手を打ったのでした♡



----------

魔法のお話



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ