「…何処に、行くの?」

文月さんに声を掛けられて、水無月さんが立ち止まります。

「─ 河原の芝生広場。」

水無月さんは、カートを引いて歩いていました。

大きな たらいが、紐で括りつけられたカートです。

たらいは、小柄な水無月さんなら、余裕で中に正座が出来そうなものでした。

カートを凝視する文月さん。

「それ…どうするの?」

「…乗る。魔法で飛ぶ時に。」

ゆっくりと、水無月さんが身体の向きを変えます。

「何かに乗らないと、飛べない訳じゃないけど、乗った姿勢の方が、収まりが良い」

カートの引き手から手を離した水無月さんに、文月さんは納得いかない目を向けました。

「そう言う時は…箒じゃ、ないの?」

「跨って…宙に浮くと、柄が…痛い。」

「…絨毯は?」

「座って空中に浮くと…柔らかくて、不安定」

「─」

沈黙して口を歪める文月さんに、水無月さんは たらいを指し示します。

「色々試した中では…この中に座って、縁を持った姿勢が、1番無難。」

----------

芝生広場に到着した水無月さんは、たらいをカートから降ろしました。

興味津々で見学する文月さんの前で、たらいに正座します。

呪文らしき低い呟きが辺りに響きました。

「おお!」

驚きの声を上げた文月さんの目の前で、徐々に浮き始める たらい。

2メートル程の高さまで、浮き上がりました。

たらいの上からの声が、文月さんに伝えます。

「じゃあ、飛ぶから…」

そして、たらいに正座した水無月さんは、他に人がない芝生広場を、10分程飛び回ったのでした。。。

----------

宙に留まる たらい。

それを見上げる位置まで、文月さんは近づきます。

「何で、芝生広場まで…飛んでこなかったの?」

たらいの縁から、水無月さんの顔が覗きました。

「─ 道路を飛ぶと…迷惑」

文月さんの顔に苦笑が浮かびます。

「律儀に道路を飛ばなくても…屋根の上とかを、突っ切って飛べば良いんじゃないの?その方が早そうだし」

水無月さんは ゆっくりと たらいの高度を落としました。

「家からここまで、平屋の家が続くコースを飛ぶと…遠回り。」

1メートルの高さまで降りた たらいの上で、水無月さんは顔をしかめます。

「高く飛んで、墜ちたら…痛い」

「…?」

「何かの拍子に気を抜いたら…墜落する」

「─ 泳いでる時に気を抜いたら、溺れるのと同じ理屈?」

着地した たらいで、腰を浮かた水無月さんが、文月さんに頷きます。

「ここまで、普通に歩いて来て…芝生の上で飛ぶのが、無難…」

「─ 魔法で空を飛ぶのって…そんなに便利じゃ、ないんだね。。。」



----------

水無月さんのお話

文月さんのお話


----------

魔法のお話


    

    
★過去の作話★「月白の諧謔」

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ