「─ ありがとぉ」

僕は、借りていたノートを返した。

「お礼しないと、だね」

「別に しなくて良い」

受け取ったノートを、鞄にしまう竹中。

相変わらずの無愛想に、僕は怯まない。

「そう言う訳にはいかないよぉ」

「敢えて礼をして貰う程の事ではない」

「わざわざノート借りたのは、お礼の ごちそうするためだしぃ」

竹中に、僕はしっかりと目を合わせる。

「だから、デート しよ?」

「─ そこまで あからさまだと、いっそ清々しいな」

「お褒めいただいて、光栄です」

「別に、褒めてないがな」

顔の前で両手を合わせる竹中。

顎に当てた親指を支点にして、人差し指で 鼻の頭を軽く数回叩く。

「私の家まで、迎えに来てくれるなら」

「了解♫」

----------

「あ!?」

玄関を開けた僕は、その場で固まった。

何故なら、出迎えてくれた竹中の様子が、普段と全く違ったから。

普段の地味な装いとは打って変わった、お洒落な姿だった。

「取り敢えず中にはいって、ドアを閉めてくれ」

我に返って指示に従う僕。

戸を締めて振り返ると、竹中はニヤリと笑って腰に両手を当てた。

「どうだ?」

「可憐で可愛く、綺麗で麗しい♫」

「ふむ」

「…大学に来る時も、そう言う感じで来れば良いのに」

「こんな手間暇かかる事、毎日するのは御免だ」

「じゃあ…何で今日は……」

「初デート記念、だ」

見た事がない表情の竹中。

感激した僕の体内で、良く解らない衝動が湧き上がる。

思わず一歩踏み出そうとした刹那、竹中はボソッと呟いた。

「抱きついて 服を駄目にしたら、デートなんか してやらん」

「─ 了解。。。」

----------

「じゃあそろそろ──」

頃合いを見計らって、デートにエスコーしようとする僕。

頷いた竹中は、踵を返した。

「では、化粧を落として着替えて来ないとな」

「…え?」

「汚すと後が面倒だし…何よりもこの服だと 動き難い」

「は?!」

「化粧して着飾ったままだと リラックス出来ないしな」

「そ、そんなぁ──」

出来れば僕は、お洒落した竹中とデートをしたい!

だから、どうしたら良いかを 必死で考えた。。。

----------

「わざわざ、手間暇掛けてしたお洒落なのに…もう着替えたら勿体ないと思う。」

竹中の足が止まる。

「ん?」

「その姿…写真に残すべきじゃないかな……」

「ふむ、一理あるな」

満更でもなさげに、竹中は振り返った。

「…でも、カメラがないだろ?」

「僕のスマホは、下手なカメラより画質が良い機種だから。」

「では、どこかその辺で…」

「せ、折角だから…相応しいで場所で 綺麗に撮らない?」

ここぞとばかりに、僕は畳み掛ける。

「笹本公園なんかどう? あそこなら…おしゃれな煉瓦塀や、レトロな建物や、綺麗な花壇もあるし!」

様子を伺う僕に、竹中が口を開いた。

「…じゃあ、そこで撮ってもらおう」

「了解!」

----------

「昨日は…済まなかったな」

翌日の授業開始前、いつもの地味な格好の竹中が、僕の隣の席に座る。

「デートが…公園での写真撮影だけで 終わってしまった」

「うん。竹中の艶姿を堪能出来たから、無問題♫」」

「そうか」

僕は、自分のスマホを取り出した。

「送った写真…見た?」

「うむ」

何故か竹中が、こちらを見ようとしない事に僕は気が付く。

「どうかした?」

「じ、実は…もう一着、お気に入りの服があってな。」

「…へ?!」

竹中は、顔の前で両手を合わせた。

人差し指の第一関節を、唇に当てる。

「今度は…撮影だけで終わらせず、ちゃんとデートもする」

横目で様子を伺う竹中。

すかさず僕は、頭が取れる勢いで うなずいてみせた。

満足げな表情を浮かべた後、竹中はボソッと口にした。

「私が気合を入れて装うのだから、それに相応しい格好で来る様にな」

「りょ、了解。。。」



----------

デートのお話

写真のお話

    

    
★過去の作話★「月白の諧謔」

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ