銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

2015年08月

新種の生物。

単に、珍しい生き物が見つかっただけでは、新種の生物とは簡単に認定されない。

新たに発見された生物が、新種として認定されるには、明確な判別方法の確立や、生息数の把握、生息地域の確定、生態調査の記録等と、最低限、オス・メス各一体の標本が必要だからである。

しかし、その大原則の例外とされた、ほとんど唯一の生物が存在する。

その生物とは、ネス湖のネッシーである。

もしネッシーが本当に存在した場合、まさに貴重な生命体である。

貴重な生命体が、強引に捕獲され、興味本位の見せ物などにされてはならない。

そう考えた学会は、保護措置を講じる目的で、ラテン語の「ネッシラス・ロンボプテリックス」という学名まで付けて、存在するかどうか判らないネッシーを、例外的に新種の生物として認定したのである。。。



ゴジラ対自衛隊 怪獣要撃戦
未来防衛研究所
銀河出版
1998-09

    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

長州征伐で出陣

幕府が長州征伐で出陣する事になった時。

江戸の町奉行にも動員がかかりました。

顔馴染みの同心も出陣すると聞き、ある女性が見送りに出ます。

彼女は、出陣する行列をずっと見ていました。

しかし、今のところ、同心の姿は、発見出来ていません。

行列を見続ける女性の前を、見窄らしい足軽姿の一団が通ります。

そこに彼女は、信じられないものを見付けて、唖然としました。

「日頃、羽織に着流で、粋で固めた御役人の、あの旦那の身分が、足軽だなんて…」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

どっちがいいです?

「どうぞ飲んで下さい。どっちがいいです?」

ぶたのぬいぐるみは、ポカリスエットとオレンジジュースの缶を差し出しました。

「─ じゃあ、オレンジジュース」

「はい」

ぬいぐるみは、彼女にジュースを渡すと、隣に座り込みます。

そして器用に、自分の缶のプルトップを開けると「ぐびぐび」と喉を鳴らして、それを飲んだのだのです。

ぶたのぬいぐるみが、ポカリスエットを飲み続けても、漏れたりもしてないし、水たまりも出来ません。

あっけに取られて、その光景を見つめていた女性は思います。

「お腹の中は、どうなっているのだろう?どこか別の世界にでも、通じているのだろうか。。。」



ぶたぶたの休日 (徳間文庫)
矢崎 存美
徳間書店
2013-02-01

    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場