銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

2015年10月

どこに置けばいいの?

先生の家に遊びに来た園児は尋ねました。

「先生~荷物どこに置けばいいの?」

その部屋は、ごちゃごちゃ散らかって、足の踏み場もない状態でした。

「先生いつも、お片づけしなさいって…幼稚園で私たちに言うよね?」

「うん!言ってるよぉ~」

園児の問いかけに、先生は答えました。

「こ~いう大人に、ならないためにねー」

「なにそれー」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

服を買いに。

「…地味?」

姿見で自分の服装を確認した女性は、ふと思ってしまいました。

だから、デートで待ち合わせをした彼に、会って直ぐに言ってしまいます。

「今から服を買いに行きたい!」

彼の方は「もちろんいーよー♡」と同意してくれました。

店に向かう途中で、女性は尋ねます。

「あなたの意見、聞きたいんだけど…、私、どんな格好が似合うかなぁ」

「─ ナースとか…メイドとか…バニーさんなんか、ど…どうかな?」

「…そっち系じゃない方向でお願い」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

カップ半分だけ…

「コーヒーを、カップ半分だけ頼みたいんですけど…」

初見の女性客の注文に、喫茶店のウェイトレスは戸惑います。

「えーとー」

「お金は、1杯分払いますから、お願いします。」

困ったウェイトレスは、カウンターに助けを求めました。

「マスター、どうします?」

「─ お出し してあげて」

ウェイトレスに指示した店主は、彼女に向かって微笑みます。

「お客さん、お金は半額で、結構ですから。」

店主の言葉を聞いて、嬉しそうに笑みを浮かべる女性。

彼女は、運ばれて来たコーヒーを、まるで常温の水でも飲む様に、一気に飲み干し、半額分のお金を払って、店を出て行きます。。。

-----

翌日、その女性客は、昨日とほぼ同じ時間に、店に現れました。

「─ すいません、コーヒーを…」

注文を聞いて、ウェイトレスが確認します。

「カップ半分で、宜しかったですよね?」

すると彼女は、こう答えました。

「いえ、普通に1杯で、お願いします」

彼女は、運ばれてきた熱々のコーヒーを、昨日と同じ様に一気に飲み干し、店を後にします。。。

-----

3日目も、女性客は同じ時間に、その喫茶店を訪れます。

「すいません、コーヒーを2つ、お願いします」

ウェイトレスは、彼女に確認しました。

「…お一人で、飲まれるんですか?」

頷いた女性客は、ウェイトレスに頼みます。

「2杯、一度に持って来てくださいね。」

湯気が立つ、淹れたてのコーヒーが運ばれてくると、彼女は、それが全く熱くないかの様に、一気に飲み干すのでした。。。

-----

4日目に店を訪れた女性客は、4杯のコーヒーを注文します。

「…やはりコーヒーは、全部を一度に?」

ウェイトレスの問い掛けに、頷く彼女。

そして女性客は、自分のテーブルの上に4杯のカップが並ぶや否や、湯気の出るコーヒーを一気に飲み干します。。。

-----

「昨日の8杯一気飲みも信じられなかったけど…」

6日目、女性客が帰るや否や、店主が呟きました。

「あの細い体で、まさかコーヒーを16杯の飲み干すとは。。。」

驚き感心する店主に、ウェイトレスは尋ねます。

「で、どうします?」

何を聞かれているのか判らない店主は、ウェイトレスに聞き返しました。

「…どうするって、何を?」

「明日、あのお客さん注文するコーヒー、32杯なんですよ?」

「─ 初日に半分で、次の日は1杯、それから2杯、4杯、8杯と倍々で、今日が16杯だから、まあ…そういう事になるよねぇ」

「色々大変な事はありますけど…そもそも、一度に入れられます?」

「一気に32杯入れるなら…コーヒーサイフォンが、後2つは必要になるのか…」

暫く思案した店主は、電話に手を伸ばします。

「…知り合いに、借りられないか聞いてみる」

-----

「いらっしゃいませ」

7日目のその日、いつもの時間になると、女性客は店にやって来ました。

そして、32杯のコーヒーを入れるために、万全の準備を整えていた店主とウェイトレスに向かって、こう注文したのです。

「コーヒーを、カップ半分だけ…お願い出来ます?」



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場