銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

2017年09月

推定無罪

犯罪を疑われ、逮捕されただけでは、人は有罪ではありません。

有罪かどうかは、裁判で決まります。

何人も判決で有罪と宣告されるまでは「推定無罪」の原則により、無罪なのです。。。

----------

ある程度の罪で逮捕された場合に行われる、マスコミによる逮捕者の氏名と顔写真の公表。

それは、無罪かもしれない人の情報を、さも有罪の様に、世間に公表するだけの行為ではないのか。

この疑問に、あるラジオ番組MCは、こう答えました。

誰が逮捕されたかをマスコミが公表するのは、国家権力の監視の意味があると言うのです。

もし警察が逮捕した人間が、何処の誰だか不明なままだと、国家が力を濫用して、国民を「闇から闇へ」葬り去っても、一般市民には判りません。

その危険性を排除するためにこそ、マスコミは逮捕者の情報を公表しているのだと。。。

----------

国家の権力濫用を防ぐ目的での、マスコミによる逮捕者の氏名と顔写真の公表。

理屈としては、正しい様な気もします。

が、現実問題として日本は、逮捕者が、即ち犯罪者かの様に扱われる社会です。

最終的に裁判等で犯罪と無関係だと証明出来ても、残念ながら日本のマスコミは、逮捕時程は、大々的に報道してくれません。

現状の日本でのマスコミによる逮捕者の情報公開は、国家権力の監視と言うメリットより、無罪かもしれない人の名誉毀損のデメリットの方が、大きい様な気がするのです。。。



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

よせよ

「愛してるのキリタ♡」

「よせよ」

「本当よ。」

「…」

「私に、キスして!」

「─ 美幸」

「さあ、早く!!」

「ちょっと、待て」

「私の事…嫌いなの?!」

「…俺にうつす気だな?」

「そうすれば…私の風邪が、治るかもしれないのでしょ!?」

「そんなキスはお断りだ!!」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

とりあえず処刑

「それじゃ、さっそくですけど、処刑までの時間に、インタビューを…」

「ねえ?」

「何でしょうか」

「─ 処刑されずにすむ方法って、何かあるの?」

「たぶんないと、思います」

「…」

「彼らは、一度決めた事は、ほとんど変えたりしません。間違っているとわかっても、とりあえず処刑しておいて、名誉回復は23年後です」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場