銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

コミック本の話

小説家

「誰、あの人?」

「ラウールさんですよ」

「何してる人なの?」

「小説家をされてるそうです。」

「そうなんだ…」

「売れてる作家さん みたいですよ」

「─ 私の、ライバルか」

「…は?」

「私も推理小説で、100万部刷ったから」

「え、ええ~!」

「まあ、自費出版だけどね」

「…じ、自費出版で、ひゃ、100万部。。。」

「お金って、素晴らしいでしょ?」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

わかりませんが…

「寒いし…あと関節も痛い」

「風邪ですか?」

「頭痛もするし…」

「ロボットの僕には、その苦しみはわかりませんが…」

「─」

「寒いって言うのは…液体窒素を掛けられた時の感じですか?

「…え?」

「頭痛って電子回路にドライバーを突っ込まれた時の状態ですか?」

「ロボ!」

「関節の痛みと言うのは、ラジオペンチとか万力で…」

「─ あれは事故で…わざとした訳じゃないのよ?」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

マークシート

あるテストでの事。

その日のテストは、マークシート方式でした。

一通り解答を終え、テスト用紙を見直した青山君。

上から下まで答案用紙を眺めて、目が点になります。

なんと、塗り潰されたマークが、縦に一直線に並んでいたのです。

「こんな…こんなことはありえない!」

動揺し、慌てて、消しゴムに手を伸ばします。

そして、解答の正しさは二の次に、バランスだけを考え、マークの塗り直しを始めたのです。。。

----------

結果的には、塗り潰されたマークが、縦に一直線に並ぶのが、正しい解答でした。

何もしなければ、青山君は、満点だったのです。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場