銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

コミック本の話

何でも聞いて?

「あら?」

思い詰めた表情の園児に、先生が気が付きます。

「どうしたの?」

「わ、わからないことが…」

「何でも先生に聞いて?」

先生は、優しく微笑みました。

「そのための先生なんだから!」

促されてた園児が、疑問を口にします。

「ほぼほぼ おなじって…どういういみ?」

「ほぼ同じって、言う事だね」

「ほぼおなじっていうのは、どういういみ?」

「ほ、ほとんど一緒って事だね」

「…ほぼほぼと、ほぼと、ほとんどは、なにが ちがうの?」

「えーと、それは。。。」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

まず教えない。

私の趣味は、ひとり飲みだ。

数人で飲むのも嫌いではない。

だが、気に入った店は、知り合いには、まず教えない。

何故かと言うと…

知り合いが暴れて、お店を出禁にされたり、

知り合いの知り合いが暴れて、お店が出禁になったりしたからだ。

だから私は、気に入った店には、必ずひとりで行き、知り合いには絶対教えない。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

付喪神

100年使った物に、精霊が入り込み、生命を得る。

それが付喪神です。

付喪神を作らないためには、どうすれば良いか?

物が生命を得ない様に、99年で捨てるのです。

しかし、99年で捨てると、逆に恨みを買って、かえって悪い物に变化する事もあるんだとか。

─ まあ、普通に生活していて、使用期間が99年目を迎えた物を、捨てるか どうか悩む様な状況になる事は、先ず有り得ないでしょうが。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場