銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

文字本の話

日宋貿易

1973年1月、韓国の全羅南道西海岸の新安海底で沈没船が発見されました。

調べてみた結果、日宋貿易で、宋の寧波から博多に向かっていた船だと判明。

船には、約2万点に及ぶ陶磁器や金属器、それにおよそ8000貫文の銅銭が船に積まれていました。

----------

日宋貿易の富は、かなり膨大だった様です。

1貫文の銅銭を現在の貨幣価値で10~20万円だとした場合、8000貫文は現在の8~16億円に相当します。

貿易の船団は15世紀に数が制限されるまでの、10隻前後で船団を形成されていたそうです。

1隻あたり8~16億円という事は、10隻で80~160億円になります。

室町時代初期のGDPの推計値は724億円。

船団に積載された銭80~160億円分は、当時のGDPの10~20%に相当する事になります。

なんとGDPの10%以上の富が、1回の貿易で、もたらされていた事になるのです。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

誠意と礼節をもって…

「こちらは不逞にして凶悪な反乱部隊だ。」

「造反者めが!」

「統合作戦本部長閣下に、誠意と礼節をもって脅迫の文言を申し上げる。心してお聞きあれ」

「みだりに舌を動かすな!!」

「腹話術の心得がないのでね、舌を動かすのはやむをえざるところだ」

「…」

「─ 脅迫の内容を、話してもいいかね?」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

宣旨。

宋で禅宗の修行をした栄西。

学んだ事を臨済宗として布教しよう矢先に、大きな障害に突き当たります。

それは、朝廷からの布教禁止の宣旨でした。

他派の僧侶達からの「禅宗は邪教だ!」との訴えを、朝廷が真に受けてしまったのです。。。

----------

宣旨で布教が出来なくなった栄西は、翌年、事情聴取のために、朝廷に召喚されました。

栄西は、ここぞとばかり、他派の僧侶達の訴えのことごとくに、切れ味鋭い反論を行います。

言に納得した朝廷は、布教禁止の宣旨を撤回しました。

その後臨済宗は、将軍直々に土地を下賜され、鎌倉幕府公認の仏教になります。。。

----------

取り消されたとは言え、一旦は布教を禁止された新興宗教が、何故将軍から土地を与えられ、公認までされたのでしょう。

実は、当時、宋に渡った僧達は、仏教を学ぶついでに、交易もしてました。

修行で渡った栄西も、たんまり儲けていたと思われます。

もし、その儲けたお金から、幕府に銭貨を献上していたら。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場