銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

コミック本の話(再)

僕わかります!!

「この問題、わかるひとー?」

「はいっ! 僕わかります!!」

「じゃあ、前に来て、答えを黒板に書いてください。」

----------

「えーと、えーと、えーとぉー…」

「…どうしたの?」

「ご、ごめんなさい。。。」

「?」

「先生の側に来たかったので…わからないのに手をあげました♡」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

試してみる

テレビでは、しゃべる猫を紹介していました 。

エサをあげる時に「まぐろ、おいしい?」と尋ねると「マグロ、ウミャイ」みたいな感じで鳴くのです。

「うちのも、しゃべる?」

そう思った、たばたちゃんは、餌をあげる時に、試してみる事にします。。。

----------

いつもの猫缶を開けた たばたちゃん。

お皿に入れて、猫の前に差し出しました。

「おいしい?」

口を付けた猫は「にゃ~」としか、鳴いてくれません。

たばたちゃんは、もう一度尋ねます。

「お・い・し・い!?」

餌を食べるのを中断した猫は、たばたちゃんを見ました。

「にゃ~」

猫がテレビの様にしゃべらない事に、たばたちゃんはガッカリします。

「まぐろじゃないから、だめなのかな。。。」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

片方だけ…

「横断歩道は、手を上げて渡るのよ。」

頷いた たばたちゃんが、両手を上げます。

ママは、優しく微笑みました。

「片方だけで良いのよ」

左手を下げ、右手だけを上げて横断歩道を渡り始める たばたちゃん。

その途中で、素早く右手を降ろし、左手を上げ替えます。

気付いたママは苦笑しました。

「…別に、途中で腕を上げ替えなくても、良いのよ?」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場