銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

作話

こんな所に。。。

「はー♡」

1冊読み終えた和香さんは、満足の溜息を漏らしました。

本を仕舞おうと、ベンチの右側のバッグに手を伸ばします。

その時初めて和香さんは、空いていた隣に、誰かが座っている事に気が付きました。

「…ん? 何で、こんな所にいるの!?」

驚きの声に、本から顔を上げた正也君が応えます。

「多分…和香と同じ理由。」

自分が、公園でデートの待ち合わせしていた事を思い出した和香さん。

バッグのポケットから、懐中時計を探り出します。

「─ もう、40分も過ぎてるじゃない!」

「約束の時間の5分前には、僕は ここに座ってたけどね。」

「え…?」

「本に没頭してた和香には、気が付いて貰えなかったけど」

和香さんは、正也君の二の腕に手を伸ばして、軽く揺すりました。

「声、掛けてくれれば、良かったのにぃ」

「読書を中断させると、不機嫌になるでしょ? 和香は!」

「そ、そうかなぁ…」

「前回そうしたら…1日中不機嫌だったし」

首だけ曲げた正也君が、和香さんを軽く睨みます。

「隣に座れば、
流石に気配に気が付いて、読書を中断してくれるかと思ったんだけど…」

「…」

「10分経っても、そんな気配が微塵もなかったので…諦めて僕も本を読み始めた。」

「ご、ごめん。。。」

----------

「ぎ、銀星堂に、寄らない?」

公園から、いつもの喫茶店へ向かう道の途中。

和香さんが口にしたのは、大型書店の名前でした。

正也君が顔を顰めます。

「…帰りになら。」

「えー どうしてぇ?」

いきなり立ち止まる和香さん。

手を繋いでいた正也君は数歩先で止まります。

「さっきの本の続き…買うんでしょう?」

「そう♡」

「先が気になる本が手元にあったら、我慢出来ない人でしょ? 和香は」

振り返った正也君に和香さんは縋り寄りました。

「や、約束する! デート中には読まないし!!」

「─ ホントに?」

首がちぎれる勢いで頷かれ、正也君は渋々折れます。

「仕方ないなぁ。。。」

----------

「…えーとぉ」

いつもの喫茶店の、いつもの席

注文の品がテーブルに揃うや否や、和香さんは上目遣いをします。

「お願いが、あるんだけどぉ…」

「『さっき買った本 読んでも良い?』なら、却下。」

「えー 何でぇ~」

「─ 今、デート中だって…認識してる?」

「でもぉ~」

「約束、したよね」

「ちょっとだけ! 10ページだけだから!!」

正也君は無言で睨みました。

唇を尖らせた和香さんが、身を乗り出します。

「声を上げて、大泣きするよ?」

諦めた正也君は、渋々譲歩しました。

「本当に…10ページだけ、だからね。」

満面の笑みを浮かべる和香さん。

声に出さずに口ずさみます。

「10ページだけで終わるなんて…あ・り・え・な・い♪」



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

立っていたのが。

そわそわと」の同設定の連作です。

 *連作 「双子と三つ子

----------

「…あなた、誰さん!?」

校舎の入り口を探していた私は、声のした方に視線を動かしました。

そして固まります。

立っていたのが…私だったから。

「え~とぉ。。。」

もう一人の私は、しげしげと私を見ました。

「あ。」

前の高校の制服を着ている事に気付き、声を上げます。

「─ もしかして転校生さん?」

----------

「学校でスマホに電話して来て…何の用?」

廊下の奥から、1人の女生徒がこちらに向かって来ました。

踏み出そうとした足が、私を見てピタリと止まります。

「…?」

その姿は、制服以外、私そのままでした。

私の横に立っている女の子が手を振ります。

「あ・こ・ちゃーん!」

「佳子?」

「彼女、転校生なんだって♡」

「え?」

----------

「お2人は…双子さんなんですか?」

同じ顔の一方が微笑みました。

「私は、紀伊佳子。で、こちらが妹の亜子ちゃん。」

「ほ、穂積華です…」

亜子さんの隣から、私の横に移動する佳子さん。

「世の中には、自分そっくりな人間が3人はいるって…言うじゃない?」

頷いた私の腕に、佳子さんが腕を絡めます。

「コンプリート…させてあげる♡」

----------

「かぁ~。電話で言われた通り、たぁと なぁを連れて来たよ~」

廊下の角から現れた、3人の女生徒。

いずれもが、私と瓜二つでした。

「だ、誰ちゃん?!」

「あなた…佳子さんじゃ無いですよね?」

姿形が同じ4人が立ち竦みます。

隠れていた佳子さんが、亜子さんの手を引いて現れました。

「姉さま方、転校生の華ちゃんです♡ 私達にそっくりでしょ?」

----------

「み、三つ子さんですか?」

尋ねた私に、3つの同じ顔の1つが答えました。

「私が長女で曽斗野奈美。こちらが次女の多美さん。で、佐美さん」

横に立っていた佳子さんが、私の肩に抱き付きます。

「彼女は、穂積の華ちゃん♡」

亜子さんは、佳子さんを私から引き剥がしました。

「転校してきたのは…華さん一人?」

「はい。そうですが?」

「まあ、そうだよねぇ…」

私から剥がされた佳子さんを手招きする多美さん。

「以前、話題にした事があってねぇ」

抱きついてきた佳子さんの髪の毛を撫でます。

「双子と三つ子が揃ったから…次は、四つ子のそっくりさんが現れるかもって」

頭を撫でられながら、佳子さんが呟きました。

「でも…1人と双子と三つ子で、1・2・3と揃いました♡」

佳子さんのほっぺを、佐美さんが突きます。

「じゃあ次こそは…四つ子が登場するかもだね! かぁ」

「…そんな冗談みたいな事、起きると思います? 佐美姉さま」

口に出さずに、私は思いました。

「1つの高校に、6人の同じ容姿の人間が揃うだけで…十分『冗談みたいな事』だと思うのだけど。。。」



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

見覚えのある

そわそわと」の同設定の連作です。

 *前作 「気にしません♡

----------

「洋介さん♡」

隣りを歩いていた友人を呼ぶ声が、学校の廊下に響いた。

声の主を探すために、僕も洋介と同じ様に振り向く。

後ろの立っていたのは、見覚えのある女子だった。

「洋介の彼女さんで、名前は、確か佐美…」

僕の内心の呟きは、洋介に否定される。

「…ご機嫌ですね、奈美さん。何か良い事でも、あったんですか?」

----------

「今の女子…」

2人だけになるや否や、僕は洋介に確認した。

「─ 洋介の、彼女さんじゃ、ないんだよね?」

頷く洋介。

僕は、1番の疑問を口にした。

「で…何で、佐美さんと、同じ姿形なの?」

「さぁーが三つ子の末っ子で、奈美さんが その長女だから、かな」

「か、彼女さん、三つ子なの?」

----------

「よーちゃん♡」

呼ばれた声の方向に顔向ける僕と洋介。

廊下を歩いて近づいて来たのは、つい先程別れた女子と、瓜二つの容姿の人物だった。

「今度こそ、佐美さん?」

僕が口に出さなかった予想は、洋介に否定される。

「何ですか、多美さん?」

「今度の日曜日は…私と、デートしよ♡」

「…」

「姿形はおんなじだから、問題ないでしょ♡」

「─ 拗ねた さぁーは、面倒くさいですよ?」

「うん、ほんの冗談だから。佐美ちゃんには、内緒にしといて♡」

----------

「…今のが、三つ子の次女さん?」

廊下を遠ざかる女子の姿を見送りながら、僕は尋ねた。

「そう」

肯定する洋介。

僕は、素直に感心してみせた。

「…良く、三つ子の見分けが付くもんだ」

「3人の見分けは…付かない」

「え? でもさっき、2人の区別、付けてたよね?」

「3人のうち、さぁーじゃない人は、奈美さんか多美さんだからね。」

歩き始めた洋介にツラれて、僕も歩きだす。

「─  もしかして、佐美さんと、それ以外で、見分けてるって事?」

「さぁーは、見ただけで、9割方判るんだけど…」

洋介は、窓の外を見た。

「他の2人は、さぁーじゃないって事しか、判らないんだよねぇ」

「さ、佐美さん以外は、消去法で、認識してるんだ…」

「所作を見て、奈美さんか多美さんか判断してる。」

「…」

「さぁーを見分けるだけで、いっぱいいっぱい だった頃に比べれば、格段の進歩だよ!」

窓から、視線を戻した洋介が、感慨深げに呟く。

「観察と推理の積み重ね、だね。」

「それって、恋愛を語る時に 使う単語じゃな無いと思うんだけど。。。」



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場