銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

作話

して下さい♡

「今年の誕生日は…」

いつもの喫茶店の いつもの席

目の前に置かれた、花火付きスペシャルかき氷から目を逸らさず、葉月さんは呟きました。

「─ 花束を、プレゼントして下さい♡」

線香花火の閃光の様な、細かい花状の火の玉に見入っていた真一くんが、我に返ります。

「え!?」

「何で『え!?』なんですか?」

唇を尖らせた葉月さんに、真一君は口を引き結びました。

「花なんか…買った事ない」

「世の中には『お花屋さん』って場所が有ってですねぇ…」

「それぐらいは、知ってる。」

真一君の視線が、向かいのテーブルの真上の照明まで移動します。

「じゃあ、宅配サービスの花を頼んで…」

「シンちゃんが、私に手渡し してくれないと、駄目です!」

救いを求める目で、真一君は葉月さんを凝視しました。

「…花屋で花を買うのが、恥ずかしいんだけど。。。」

「そこは、頑張って下さい♡」

----------

「花束は…」

かき氷にトッピングされたフルーツを、葉月さんがスプーンで掬います。

「─ デートの最初に、渡して欲しいです♡」

半分のぐらいまで減った宇治金時から、真一君は顔を上げました。

「…は?」

口にフルーツが到着する寸前で、葉月さんのスプーンが止まります。

「その『は?』は、なんですか?」

テーブルにスプーンを置く真一君。

「…葉月ねーちゃん」

「何でしょうか? 真一さん」

「最初に花束を渡すのは、構わないけど…」

テーブルの葉月さん側に、軽く身を乗り出します。

「そうすると…デートの間中、ずっと花束抱えて歩く事になるけど…大丈夫?」

「あ…」

真一君は、固まった葉月さんに気が付かないフリをして、自分のスプーンを手に取りました。

「1人で花屋に行っても、よく判らいから…」

「…」

「葉月ねーちゃん。デート終わりに、一緒に行って…選んでくれるかな?」

「し、仕方ないですね。。。」

----------

「ところで…」

真一君の声に、マンゴー色の氷の山に集中していた葉月さんが反応します。

「何ですか?」

「花瓶」

「…はい?」

「─ 当然…あるんだよね?」

「あ、有る筈です。家中、探せば…」

目を逸した葉月さんを、真一君は大げさに睨みました。

「花のプレゼントを ねだって、それを飾る花瓶…無いんだ?」

俯く葉月さん。

怒ったフリをしようと、真一君は表情を引き締めます。

言葉が口から発せられる寸前、葉月さんは顔を上げました。

「今から、花瓶を買いに行きしょう!」

「…へ?!」

「気合い入れて、立派なのを買いますね。」

二の句が継げない真一君に、葉月さんが微笑みます。

 「だから…それに負けない様な、素敵な お花をプレゼントしてくれないと駄目ですよ? シンちゃん♡」



----------

葉月さんのお話



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

足音を忍ばせて。

珍しく残業も無く、定時で帰宅出来た ある日の事。

いたずら心を起こした私は、呼び鈴を押さず、自分の鍵で玄関を開けた。

真っ暗な廊下。

不審に思いながら、何故か足音を忍ばせて、先に歩く。

やはり明かりが付いていないリビング。

音がしない様に気を付けながら、ドアを開ける。

室内に足を踏み入た瞬間、キッチン方向から気配を感じた。

ゆっくりと視線を動かす。

─ そこには、真っ暗な中、包丁を手にして妻が佇んでいた。

不意に出そうになった声を、手で押さえる。

俯いている妻は、私には気付いていないようだった。

気配を殺して後ろに下がり、急いでリビングのドアを閉める。

身体の震えを自覚しながら、物音を立てない様に玄関まで戻った。

もどかしげに靴に手を伸ばし、少しだけ開いたドアから、外に出る。

静かにドアを閉めた私の身体は、LEDが灯るマンションの廊下で、弛緩した。。。

----------

靴を履き直し、身仕舞いを整えた私は、呼び鈴のボタンにゆっくりと指を伸ばす。

─ ピンポーン-

暫くの沈黙のあと、ドアがゆっくりと開かれた。

「おかえりなさーい!」

「た…ただいま。」

「…今日は早かったのね♡」

「そ、そうなんだ…」

「─ どうかした?」

「い、いや。別に。。。」

「今日は…あなたの大好きな…オムライスよ♪」



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

声を裏返さない様に…

「ふ、降ってきたねぇ…雨」
    
前席の制服の背中に、私は話し掛けます。

「ねえ。持ってきた? 雨具とか…」

窓から教室の外を見ながら、山下君は頷きました。

何とか声を裏返さない様に、言葉を続けます。

「わ、私…忘れちゃって。。。」

山下君は、鞄から探し出した何かを差し出しました。

「はい」

「…何これ」

「2人分あるから。」

手渡されたのは、分厚いA5版サイズのポーチ。

「あ、雨合羽?」

頷いた山下君に、私は頭の中で抗議の声を上げます。

「そこは『傘持って来てるから、入ってく?』でしょ!?」

----------

「今日は…持ってきてないんだ? 雨具…」

教室の窓から外を眺める山下君の後ろに、私は立ちました。

「だったら…」

声を上ずらせない様に気を付けながら、ゆっくりと近づきます。

「今日 私、か、傘持ってるから、一緒に。。。」

振り返った山下君と私の間に、畳まれた傘が割り込みました。

「…竹内?」

「これ、お前の かーちゃんに頼まれた。」

手を伸ばした山下君が、傘を受け取ります。

満足気に、その場から離れようとする竹内。

反射的に立ちはだかった私は、耳の近くで囁きましたました。

「…呪うからね。」

----------

「須藤弥生!」

雨音が漏れ聞こえる廊下で、私は振り返ります。

「…フルネームを、大声で呼ぶな!」

竹内は、ゆっくりと近づいて来ました。

「おまえ…今日持ってるよな?」

「な、何を?」

「傘だよ。か・さ!」

ムッとする私。

「朝から雨が降ってる日に、持ってない訳ないでしょう!」

前に立った竹内は、右手を上げて、耳打する動作をしました。

「…協力してやる」

「?」

「相合傘…したいんだろ? 山下と。」

「ど…どうして、それを。。。」

狼狽える私に、竹内が顔を近づけます。

「─ だから…俺を呪うなよ?」

----------

「頼みがある。」

下校時刻に教室に入って来た竹内は、私の前の山下君の席の横に立ちました。

「雨降ってるから…傘、貸して。」

座ったままの山下君が、隣に立った竹内を見上げます。

「どうやって、登校したんだ?」

「朝は、傘が健在だったんだ!」

「?」

「休み時間に…振り回して遊んでたら、壊れた。」

こちらから見える山下君の右目は、半分閉じました。

「で…僕には、どうやって帰れと?」

竹内が、私の顔を見ます。

「須藤の傘に…入れてもらえば?」

上半身を捻って、後ろを見る山下君。

目が合った私は、ちぎれんばかりに、何回も頭を前後に振ります。。。

----------

「須藤、須藤。」

翌朝、廊下を歩いていた私の背中を竹内の指が突きました。

「どうだった? 念願の相合傘は?」

ニヤニヤ笑いから、私は目を反らします。

「お礼は言っとく。…ありがと」

「おう。」

竹内は、表情を引き締めました。

「これでもう…俺を呪う理由は、無いよな?」

右手の人差指で顎を押し、私は視線を天井に移動します。

「今後…色々と、手伝って くれる?」

「…はあ?」

「じゃないと…呪う♪」


----------

弥生さんのお話



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場