銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

作話

如何なる存念

-夜・亥の刻、森柴家の本城-


「兄者、こんな刻限に呼び出しとは 何事じゃ?」

奥の間の戸を開けた弟の森柴小一に、森柴籐吉は座る様に促した。

「早川が挙兵準備を進めているそうじゃ」

「…間者の知らせか?」

部屋に入り、戸を後ろ手で閉める小一。

目が合った黒畑孝高が頷く。

「我が配下の者が、先程」

「たわけ殿は…」

小一に限らず、森柴家では、早川家現当主の英明を「たわけ殿」と呼んでいた。

「─ 如何なる存念なのじゃ?」

「恐らく、家督を継いだ箔付けかと」

「国境近くの江井砦を、襲うつもりか?」

「恐らくは。」

腰を降ろした小一は、上座の籐吉を見る。

「早急に援軍を送らねば」

「砦からは、兵を引くでよ」

顔を顰めた小一の視線が、孝高に移動する。

「…何をするつもりじゃ?」

「灸を据える好機かと」

「まさか、あの策を!?」

「ご明察」

籐吉の顔に、笑顔が浮かぶ。

「小一は、話が早くて助かるわ」

「─ で、ワシは、どうすれば良いのじゃ?」

「まずは…江井砦に、早馬を出してくれや。」

----------

-深夜・子の刻、江井砦に一番近い美衣砦-


煌々と篝火が焚かれる中、小一は、立ち働く兵を見守っていた。

「もう、半刻もあれば、片が付きそうじゃのぅ」

兵に指示を与え終わった石原佐吉が、呟きに反応する。

「早馬での御指示に従い、江井砦の全ての兵と兵糧と弾薬を、この砦に移動させておりますが…」

「さすが佐の字。仕事が早いわ」

「─ 如何なる御存念なのでしょう?」

小一は、佐吉を横目で見た。

「明日の朝、早川の兵が江井砦を奪いに来る」

「ま、まさか…安々と敵に、明け渡すおつもりで…」

「率いて来た兵ごと たわけ殿を砦に閉じ込める」

「…人質に?」

問い掛けられた小一は、左の人差し指で、下唇を擦った。

「身代金は…迷惑料込みで、砦を2つと言う所かのぅ。。。」

----------

-早朝・卯の刻、江井砦近くの早川軍陣-


「物見の知らせでは…砦には誰一人いないとの事です」

家臣の報告に、早川英明は満面の笑みを浮かべた。

「我軍の動きを察した森柴の腰抜け共は、砦を捨てて逃げた様じゃな」

「どうなさいます?」

「くれると言うなら、頂くだけの事」

何かを進言しようとした家臣には気づかないフリをし、英明は大きな声を発した。

「者ども、今より我軍は、江井砦を占領する!」

----------

-辰の刻、江井砦-


「兵糧は、何一つ見つからなかったのか?」

英明が血相を変えたので、砦内の捜索結果を報告した兵が後ずさりする。

「それらしき蔵は、全て空で御座いまして…」

側に控えていた家臣が慌てだす。

「へ、兵の兵糧は、各々が持参した分しかありませぬ」

「承知しておる」

「敵の蓄えを頼みにして、小荷駄など連れてきておりません」

「解っておると、言っておろうが!」

声を荒げた英明の目前に、広間に飛び込んできた使い番が跪いた。

「殿、大変でございます!」

「何事じゃ! 騒々しい!!」

「と、砦が…敵の大軍に囲まれました!!!」

----------

全ての早川兵が、砦内に入って暫く刻が経った頃。

小一は、事前に見つからない場所に伏せておいた兵に、下知を行った。

周囲を深い堀で囲まれていた砦で、唯一外部に通じた橋。

まずは 連絡手段を断つ事ため、その制圧を行ったのだ。

外側の橋台を、最大有効射程位置から馬防柵で囲み、大量の鉄砲を配したのだ。

橋を使って早川の兵が砦の外部に出るには、かなりの損害の覚悟が必要となる様に。

続いて砦全体を、狭間から放たれる鉄砲や弓矢の有効射程のギリギリ外から包囲。

これで早川の兵は、森柴側から積極的な攻撃が行われでもしない限り、自らは何も手の打ち様がない状態となった。

つまり、砦の内に閉じ込められたのだ。。。

----------

-7日後、早川家の本城 -


「英明殿の御帰国に当っての…我が殿の存念です」

軍使の孝高は、包状を床に置いた。

手に取った早川家の重臣が、開いて中身を見る。

「…我が方の、位路砦と羽仁砦と交換?!」

重臣は、顔色を変えた。

「こ、この条件では…」

「江井砦には、兵糧が一切御座らん様ですぞ?」

「─」

「もう限界だと推察致しますが…」

懐から取り出した、細長く折りたたまれた紙を開く孝高。

「我が方に、打ち込まれた矢文でしてな」

「こ、これは…」

そこには、英明の首と引き換えに助命して欲しいと言う内容が書かれていた。

「御決断を急がれた方が、宜しと愚考致す所存」

「…」

「返答は、如何に?」

「しょ、承知仕りました…」

----------

その後。

早川側の位路砦と羽仁砦の、森柴家への引き渡し。

武装解除した江井砦の早川軍の、国境までの送り届け。

小一と孝高が取り仕切り、全ては無事に終了した。。。

----------

-後日、森柴家の本城 -


広間で盛大に行われる、戦勝の宴。

上座の席から籐吉と小一と孝高は、飲み騒ぐ兵たちを上機嫌で眺めていた。

「兄者と孝高殿の策、見事当たりましたのぉ」

「籐吉様の決断と、小一殿の見事な兵の差配の賜物かと」

「なんの。成功は、孝高殿の交渉力 あってこそじゃ!」

「おみゃーさん達の働きで、戦らしい戦もせず、兵を殆ど損ねず、砦も1つも失わず、逆に2つ増やす事が出来たで。」

空いた孝高と小一の盃に、籐吉は順番に酒を注いだ。

「殿からのお酌とは、忝ない事で」

「おお、兄者。すまぬな」

「この3人がおる限り、森柴家は安泰だて!」



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

儀式書。。。

「…この怪しい文書は、何?」

霜月さんがテーブルの上に置いた紙を、如月さんは横から覗き込みました。

「じいちゃんの秘蔵品」

「─ 『雪乞いの仕方』って、書いてあるけど…」

「その儀式書みたいなんだよねぇ」

「必要なものは…桶と土と藁?」

「水を張った桶に、土で作った舟を浮かべて、藁人形を乗せるんだって」

----------

「土で作った舟って、水に浮くかなの…」

顔を上げた如月さんと、霜月さんの目が合います。

「コンクリートで作った船、知らない?」

「そう言えば…そんなの、あったかも」

「石みたいなコンクリで作れるんだから…土でも作れるじゃないかなぁ」

「どうやって土を、舟の形に固めるの?」

「水を混ぜて、泥にする」

「浮かべた瞬間、崩れると思う」

「うまく作れば大丈夫だよ。成功例もあるし」

「…カチカチ山はお伽噺だし、結局沈んでるから。」

「じゃあ粘土?」

「うまく作れば、浮く様な気はするけど。。。」

----------

「桶はあって、土は何とかなるから…あとは藁だねぇ」

再び紙に目を落とした霜月さんを、如月さんは横目で見ました。

「ネット通販で売っる藁人形、買えば?」

「アレを買うのはねぇ… 何か呪いとか、掛かかっていそうだし」

「だったら、その辺をウロウロしてみたら? 馬でも連れて」

「…逆わらしべ長者?」

「まあ、効率を考えたら…ミカンから始めるのが無難かもだけど」

「藁しべが1本手に入っても、人形は作れないしねぇ。」

「ホームセンターで、売ってないかな」

「藁人形用?」

「─ 園芸の敷藁用。」

「ああ! そう言う使い途の方が、一般的だよねぇ。。。」

----------

「もしかして…この儀式、やるつもりなの?」

訝しむ如月さんに、霜月さんは微笑みます。

「当然、一緒にやってくれるよね?」

「やっても、何にも起きないから」

「雨乞い成功の秘訣は…」

霜月さんは、如月さんに顔を近づけました。

「─ 降るまでやめない事、なんだよ」

「え…?!」

「雪乞いも…降るまでやり続ければ、必ず成功するから。」

「…ひとりでやって」

「天気予報確認して、雪が降りそうな日にやれば…より確実だよ?」

「降雪が判っている日に雪乞いして雪が降っても、何にも嬉しくないんだけど。。。」



----------

如月さんのお話


霜月さんのお話


    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

期待してるから♡

「で、今年の誕生日プレゼントだけど…」

デートの帰り道で尋ねる浩紀君。

「─ 何が希望?」

隣を歩いていた有希子さんが、立ち止まります。

「サプライズ。」

「…は?」

「期待してるから♡」

----------

「…?」

名倉家の居間。

ドアを開けた希穂さんは、腕を組んで、居間のソファに沈み込んでいる兄の浩紀君に気が付きます。

「─ 何してるの」

「困ってる」

天井を睨んだままで浩紀君は答えました。

「…ユッコさんの誕生日プレゼントにね」

部屋に入った希穂さんが、後ろ手にドアを閉めます。

「今年は、何が欲しいか…訊かなかったの?」

「サプライズが、ご所望なんだって。」

希穂さんは、ソファの浩紀君の隣に、乱暴に身を投げました。

「まだユッコさんに、私がコウ兄の妹だってバレてないからこそ出来るサプライズがあるんだけど…教えて欲しい?」

「実現可能なアイデアなら『カフェ敦賀』のケーキセットを奢るのも…吝かではない」

「話が早くて嬉しいわ。あ・に・う・え♡ 」

----------

「絶対に来てる筈なんだけど。。。」

扉を開けてた希穂さんは、ぬいぐるみ専門店『水の中の月』に足を踏み入れます。

あらゆる種類のぬいぐるみで埋め尽くされた店内。

お目当ての人物を見付けて、静かに背後から近づき、背中を指で突きます。

「ユ・ッ・コ さん」

「あ、希穂ちゃん。久しぶり♡」

----------

「この子が『ムラサキうさぎ』さんですか」

有希子さんが差し出した ぬいぐるみに、希穂さんは顔を近づけました。

「そう。今一番気になってる子♡」

「何で…お家に、連れて帰ってあげないんです?」

「今月は、お金が…」

表情を曇らせた有希子さんに、希穗さんが耳打ちします。

「この子…私に譲って下さい!」

「え?」

「ある ぬいさんラブの人への、プレゼントにしたいんです。」

「…」

「ユッコさんのお眼鏡に叶う ぬいさんなら、それに相応しと思いますし」

手にしたぬいぐるみを見つめながら、有希子さんは思いを巡らせました。

「この子をここに残したままにしておくと…知らない誰かに連れて行かれかねないよね。だったら、希穂ちゃんの手に委ねた方が…」

覚悟を決めた目が、希穗さんに向けられます。

「その人は…この子を幸せしてくれる?」

「─ 保証します!」

「だったら、この子の事は…希穂ちゃん任せる。」

----------

「お待たせー」

誕生日デートの当日。

玄関の扉を開けた有希子さんは、迎えに来た浩紀君に駆け寄りました。

「どう? 今日のコーデ」

「…良いと思う」

「ほ・め・て。」

「物凄く可愛い!」

「宜しい」

浩紀君は、満面の笑み浮かべた有希子さんに、ラッピングされた大きな包みを差し出しました。

「誕生日おめでと」

「ありがとー」

受け取ろうと、腕を伸ばした動作が、途中で止まります。

「え!? 『水の中の月』のラッピング?」

有希子さんは興奮して、包装紙を解き始めました。

「な、何でこの子が、ここに?!」

出て来たのは、希穗さんに譲った『ムラサキうさぎ』のぬいぐるみ。

様子を見ていた浩紀君の口が、満足げに緩みます。

「ユッコさんが それを譲った相手って…僕の妹だったんだよね」

「コーキが、希穂ちゃんのお兄さん…」

「そう」

「希穂ちゃんは…コーキの依頼で、私から この子を、譲り受けたって事?」

「正解」

「で、それを今、私はプレゼントされた訳!?」

「どう? このサプライズ」

「─ 凄い。」

「でしょ?」

「この子と私の絆!」

「は?!」

「あなたは…私の所に来る運命だったんだね♡」

嬉しそうに、ぬいぐるみに頬ずりをする有希子さん。

サプライズが、自分が意図したものと違ってしまった浩紀君は、内心で呟きます。

「この敗北感は、何だろう。。。」



----------

有希子さんのお話



デート中のお話


    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場