銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

作話

儀式書。。。

「…この怪しい文書は、何?」

霜月さんがテーブルの上に置いた紙を、如月さんは横から覗き込みました。

「じいちゃんの秘蔵品」

「─ 『雪乞いの仕方』って、書いてあるけど…」

「その儀式書みたいなんだよねぇ」

「必要なものは…桶と土と藁?」

「水を張った桶に、土で作った舟を浮かべて、藁人形を乗せるんだって」

----------

「土で作った舟って、水に浮くかなの…」

顔を上げた如月さんと、霜月さんの目が合います。

「コンクリートで作った船、知らない?」

「そう言えば…そんなの、あったかも」

「石みたいなコンクリで作れるんだから…土でも作れるじゃないかなぁ」

「どうやって土を、舟の形に固めるの?」

「水を混ぜて、泥にする」

「浮かべた瞬間、崩れると思う」

「うまく作れば大丈夫だよ。成功例もあるし」

「…カチカチ山はお伽噺だし、結局沈んでるから。」

「じゃあ粘土?」

「うまく作れば、浮く様な気はするけど。。。」

----------

「桶はあって、土は何とかなるから…あとは藁だねぇ」

再び紙に目を落とした霜月さんを、如月さんは横目で見ました。

「ネット通販で売っる藁人形、買えば?」

「アレを買うのはねぇ… 何か呪いとか、掛かかっていそうだし」

「だったら、その辺をウロウロしてみたら? 馬でも連れて」

「…逆わらしべ長者?」

「まあ、効率を考えたら…ミカンから始めるのが無難かもだけど」

「藁しべが1本手に入っても、人形は作れないしねぇ。」

「ホームセンターで、売ってないかな」

「藁人形用?」

「─ 園芸の敷藁用。」

「ああ! そう言う使い途の方が、一般的だよねぇ。。。」

----------

「もしかして…この儀式、やるつもりなの?」

訝しむ如月さんに、霜月さんは微笑みます。

「当然、一緒にやってくれるよね?」

「やっても、何にも起きないから」

「雨乞い成功の秘訣は…」

霜月さんは、如月さんに顔を近づけました。

「─ 降るまでやめない事、なんだよ」

「え…?!」

「雪乞いも…降るまでやり続ければ、必ず成功するから。」

「…ひとりでやって」

「天気予報確認して、雪が降りそうな日にやれば…より確実だよ?」

「降雪が判っている日に雪乞いして雪が降っても、何にも嬉しくないんだけど。。。」



----------

如月さんのお話


霜月さんのお話


    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

期待してるから♡

「で、今年の誕生日プレゼントだけど…」

デートの帰り道で尋ねる浩紀君。

「─ 何が希望?」

隣を歩いていた有希子さんが、立ち止まります。

「サプライズ。」

「…は?」

「期待してるから♡」

----------

「…?」

名倉家の居間。

ドアを開けた希穂さんは、腕を組んで、居間のソファに沈み込んでいる兄の浩紀君に気が付きます。

「─ 何してるの」

「困ってる」

天井を睨んだままで浩紀君は答えました。

「…ユッコさんの誕生日プレゼントにね」

部屋に入った希穂さんが、後ろ手にドアを閉めます。

「今年は、何が欲しいか…訊かなかったの?」

「サプライズが、ご所望なんだって。」

希穂さんは、ソファの浩紀君の隣に、乱暴に身を投げました。

「まだユッコさんに、私がコウ兄の妹だってバレてないからこそ出来るサプライズがあるんだけど…教えて欲しい?」

「実現可能なアイデアなら『カフェ敦賀』のケーキセットを奢るのも…吝かではない」

「話が早くて嬉しいわ。あ・に・う・え♡ 」

----------

「絶対に来てる筈なんだけど。。。」

扉を開けてた希穂さんは、ぬいぐるみ専門店『水の中の月』に足を踏み入れます。

あらゆる種類のぬいぐるみで埋め尽くされた店内。

お目当ての人物を見付けて、静かに背後から近づき、背中を指で突きます。

「ユ・ッ・コ さん」

「あ、希穂ちゃん。久しぶり♡」

----------

「この子が『ムラサキうさぎ』さんですか」

有希子さんが差し出した ぬいぐるみに、希穂さんは顔を近づけました。

「そう。今一番気になってる子♡」

「何で…お家に、連れて帰ってあげないんです?」

「今月は、お金が…」

表情を曇らせた有希子さんに、希穗さんが耳打ちします。

「この子…私に譲って下さい!」

「え?」

「ある ぬいさんラブの人への、プレゼントにしたいんです。」

「…」

「ユッコさんのお眼鏡に叶う ぬいさんなら、それに相応しと思いますし」

手にしたぬいぐるみを見つめながら、有希子さんは思いを巡らせました。

「この子をここに残したままにしておくと…知らない誰かに連れて行かれかねないよね。だったら、希穂ちゃんの手に委ねた方が…」

覚悟を決めた目が、希穗さんに向けられます。

「その人は…この子を幸せしてくれる?」

「─ 保証します!」

「だったら、この子の事は…希穂ちゃん任せる。」

----------

「お待たせー」

誕生日デートの当日。

玄関の扉を開けた有希子さんは、迎えに来た浩紀君に駆け寄りました。

「どう? 今日のコーデ」

「…良いと思う」

「ほ・め・て。」

「物凄く可愛い!」

「宜しい」

浩紀君は、満面の笑み浮かべた有希子さんに、ラッピングされた大きな包みを差し出しました。

「誕生日おめでと」

「ありがとー」

受け取ろうと、腕を伸ばした動作が、途中で止まります。

「え!? 『水の中の月』のラッピング?」

有希子さんは興奮して、包装紙を解き始めました。

「な、何でこの子が、ここに?!」

出て来たのは、希穗さんに譲った『ムラサキうさぎ』のぬいぐるみ。

様子を見ていた浩紀君の口が、満足げに緩みます。

「ユッコさんが それを譲った相手って…僕の妹だったんだよね」

「コーキが、希穂ちゃんのお兄さん…」

「そう」

「希穂ちゃんは…コーキの依頼で、私から この子を、譲り受けたって事?」

「正解」

「で、それを今、私はプレゼントされた訳!?」

「どう? このサプライズ」

「─ 凄い。」

「でしょ?」

「この子と私の絆!」

「は?!」

「あなたは…私の所に来る運命だったんだね♡」

嬉しそうに、ぬいぐるみに頬ずりをする有希子さん。

サプライズが、自分が意図したものと違ってしまった浩紀君は、内心で呟きます。

「この敗北感は、何だろう。。。」



----------

有希子さんのお話



デート中のお話


    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

大変じゃのぅ。。。

子供の成長を感謝し、加護を祈る儀式である七五三。

実は、そのお詣りで、神社に奉じられた感謝の言葉や加護の祈りは、全て出雲大社に集められます。

大社の摂社である、上宮に祀られた八百萬神によって整理された後、祭神である大国主大神に、改めて奉じられるのです。

…では、お寺にお詣りした場合には、どうなるのかと言うと。。。

----------

「これはこれは…ご苦労様です」

七五三の担当神である漆伍参は、上宮入って来た仏教の護法神に声を掛けました。

「今年も、毘沙門天様が参られたのですね」

「そうじゃ」

「ご足労頂き、恐縮です」

「大事ない。」

接待の間に案内された毘沙門天は、胡座をかいて床に座ります。

「あれは、準備してくれておるのか?」

「お神酒で御座いますね」

「…般若湯じゃ」

「これは失礼仕りました」

「で、あるのか?」

「御座います」

「おお!」

破顔一笑する毘沙門天に、漆伍参は、申し訳なさそうに切り出しました。

「その前に…」

「おお、そうじゃったな!」

「無粋な事で、申し訳御座いません」

毘沙門天が口の中で何かを呟くと、大量の巻物が出現します。

「これが今年、全国の寺へ七五三で詣ったもの達の、成長の感謝や加護の祈りじゃ」

「謹んで、お引き受け致します」

「神道側も、大変じゃのぅ」

「毎年の霜月の晦日、わざわざ引き継ぎにお出で下さる、仏教の方には、大変感謝しております」

「七五三は、神事由来の行事じゃからのう。神道の方に預けるのが筋と言う物じゃて」

「忝ない事で」

「まあ、お互い様という事じゃ」

「…日本では、神社も寺も似た様なものだと思われております故」

話が終わったのを見計らったかの様に、運ばれてきた酒。

そわそわしだした毘沙門天に漆伍参が促します。

「どうぞ、お召し上がり下さい」

「では、遠慮なく頂こう。」

----------

「しかし、日ノ本中の七五三の感謝の言葉や加護の祈りを自らに奉じさせるとは…」

呑んでいた盃を、毘沙門天は止めました。

「─ 流石、八百万の神を一同に集める、大国主大神殿じゃのぅ」

ご相伴預かっていた漆伍参が苦笑します。

「全てを奉じる事は出来ないので…画竜点睛を欠くのですが」

「…そうなのか?」

「教会で行われた分は、ここには參りませんので」

毘沙門天は、漆伍参の顔をまじまじと見ました。

「まさか…七五三を?」

「幼児祝福式と申すそうで」

「日ノ本の神事が、伴天連宗でも行われるのか…」

「子供の成長を感謝し、加護を祈る先が多いと言うのは…良き事で御座いましょう」

「─ まあ、そう言う事に、しておこうかのぅ。。。」



    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場