銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

なりxゆきリビング

そこはちゃんと

「楽しかったね。遊覧船」

「何事もなくて、良かったね!」

「?」

「私が、海に落ちたりとか。」

「そこはちゃんと、チェックしておいたよ」

「…へ?」

「ふふふ…篠崎さん誘うんだもの、当然でしょ?」

「えーと…」

「あの船にはちゃんと、ライフジャケットも救命浮器もついてたから…もし篠崎さんが落ちてても、大丈夫だったと思う。」

「ほ、本気で、心配してたんだ。。。」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

おんなじ。

「ほら!」

「合鍵?」

「ほら、元のと おんなじ!」

「そ、そうだね…」

「おそろいだよ?」

「─ おそろいでない合鍵は、合鍵じゃないないからねぇ。。。」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

俺かも。

「シノミネ電話ー」

「え?」

同僚の声に応じるシノミネさんに、シノミヤさんが割り込みます。

「あ、俺かも。レンラクしたし!」

「いいよ、でる。」

電話に手を伸ばしたシノミネさんが、受話器を取りました。

「おまたせしました。あーどうもどうも。はい、その節は…」

耳をそばだてて電話の様子を伺うシノミヤさん。

「あーはいはい。いやいやいや。あははは…」

会話が問題なく進んで行くの確認して、中断していた、自分の仕事に戻りました。

----------

5分後、受話器の送話口を押さえたシノミネさんが、シノミヤさんに声を掛けます。

「はい!」

「?」

「…これ、シノミヤさんへの電話でした」

「結局俺かよ!!」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場