銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

ぶたぶた

ずるずる引きずって…

私は、仰天しました。

…ピンク色のぬいぐるみが、ゴミの袋をずるずる引きずっていたから。

それは、バレーボールぐらいの大きさで、右耳がそっくり返っている、ぶたのぬいぐるみでした。

そのぬいぐるみが、どうもゴミ出しをしている様なのです。

明らかに、自分の何倍もあるようなゴミ袋を、集積所のゴミの山の上に、放り投げようとしていました。

砲丸投げでもする様に、勢い付けて。

でも、そんなことをしたら、絶対にゴミ袋につられて、ぬいぐるみ自身もゴミの山に突っ込むでしょう。

思わず私の口から「ああっ」と声が漏れます。

しかし、そんな事にはならず、「どさん」と山の上に収まるゴミ袋。

ゴミを出し終えた ぶたのぬいぐるみは、手から埃を払うかの様に、満足そうに左右の前足を叩き合わせ「ぱふぱふ」と音をさせていたのでした。。。



ぶたぶたの休日 (徳間文庫)
矢崎 存美
徳間書店
2013-02-01

    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

占い師なのに…

「驚いたよ、怪我して入院したって聞いて。」

「…心配かけて、すまんな」

「それにしても…わからなかったの?」

「何がだ」

「危険な日とか方角とか。占い師なんでしょ?」

「自分のことは、わからない」

「─」

「その方が楽しい。決めつけたりしたら、つまらんよ」

「占い師とは思えない言動だ。。。」



ぶたぶたの休日 (徳間文庫)
矢崎 存美
徳間書店
2013-02-01

    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

いいのよ

「手相見て、手相!」

「だから…占いなんか出来ないって。」

「いいのよ、見てよ!!」

「仕方ないなぁ…」

「はい!」

「─」

「…どう?」

「ピザ…食べたでしょう?」

「えっ? 何でわかるの?!」

「指から、ピザの匂いがするもん。」



ぶたぶたの休日 (徳間文庫)
矢崎 存美
徳間書店
2013-02-01

    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場