銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

ぶたぶた

いいのよ

「手相見て、手相!」

「だから…占いなんか出来ないって。」

「いいのよ、見てよ!!」

「仕方ないなぁ…」

「はい!」

「─」

「…どう?」

「ピザ…食べたでしょう?」

「えっ? 何でわかるの?!」

「指から、ピザの匂いがするもん。」



ぶたぶたの休日 (徳間文庫)
矢崎 存美
徳間書店
2013-02-01

    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

てへへ

ピンクの ぶたのぬいぐるみは、カウンターでビールを飲んでいた。

それも、生をジョッキで。

「こんにちは」

挨拶すると、ぶたのぬいぐるみは「てへへ」と言う感じで笑った。

飲んだビールは、一体どこへ行くのか…

ビールを「プハーッ」と飲み干す、ぶたのぬいぐるみ。

いい飲みっぷりだ。

鼻についている泡を、拭いてあげたい。

「もう一杯飲む?」

カウンターの中から、声を掛けられ、ぶたのぬいぐるみは答えた。

「いや、いいよ。もう2杯、飲んでるもの」

2杯!?

ぬいぐるみのぶたが、ジョッキのビールを、2杯も飲んのだか?

持ち上げて、絞ったら、どうなるのだろう。。。



ぶたぶたカフェ (光文社文庫)
矢崎 存美
光文社
2012-07-12

    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

店主のおすすめ

前から気になっていた、朝食専門のカフェ。

男性は初めて、店に入りました。

店主のおすすめを注文。

しばらくして、つやつやの目玉焼きと無骨なソーセージ、そして、綺麗なきつね色に焼けたパンケーキが運ばれてきます。

絶品の味を、男性は うっとりと堪能しました。

-じゅう、じゅう-

その耳をある音が刺激します。

「何? まさか、朝からステーキ?」

顔を上げる男性。

「本日のフレンチトーストです。熱いのでお気をつけくださーい」

店員は、客に注意しながら、正面奥の席に、運んでいた物を置きました。

「フレンチトーストが、鉄板で出されている!

 あんなフレンチトースト、見たこと無い!

  …フレンチトーストってどういうものか、いまいち解ってないけど。。。」

向かいの客の見せた、勝利のドヤ顔が、男性の目に飛び込みます。

「くそぉ、今度は絶対に、それを食べてやる!」



ぶたぶたカフェ (光文社文庫)
矢崎 存美
光文社
2012-07-12

    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場