銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

スパロウズホテル

いるよー

「あ! あの人…」

「いるよー 時間通りだね、彼!」

大学の学食の、目当ての男の子から少し離れた所で、女の子達は盛り上がります。

「もういいかげん、声掛けなよ!」

「えっ!?」

「ていうか、この会話つつぬけだよ! 気付いてるって!!!」

「イケるって、大丈夫」

「そ…そうかな~」

「『ここ空いてる?』って、隣行きなよ。拒否るとか、まず無いし!」

「そうね…そうよね!」

「うん」

友人に促された女の子は、自分の昼食が載ったお盆を持って、目当ての男の子に近づきました。

目を閉じて、声を掛ける覚悟を決めます。

「こ…こっココッ、開いてるかなっ!?」

女の子は、暫く待ちますが、何の反応もありません。

不安になって、思い切って目を開けてみると…

─ 目の前の席に座っているはずの男の子は、忽然と姿を消していたのでした。。。

-----

声を掛けに行った女の子を、離れた場所から見守っていた友人達は、唖然とします。

「…さっきからの会話聞いてて、この対応はヒドくない?」

「ないって!」

「むしろ向こうが気イ遣え!」

「ていうか、いなくなり方が、消失レベルじゃない?」

呆然と立ち尽くす女の子に、友人達は駆け寄りました。

「あんな男子、やめちまえって!!」

「もっといい、ハイスペック彼氏いるって!!」

-----

声を掛けられそうになった男の子は、女の子の集団から逃げ切った事を確信し、安堵のため息を付きます。

「やばかった…あと少しで…知らない人に声をかけられるところだった。超こわい。。。」




    

    
★過去の作話★「月白の諧謔」

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

オススメ。

「旅に興味はありますか?」

「はい! 少し…」

「そうですか♡」

「─ 何か…オススメとか、あります?」

「流浪の旅コース、片道キップコース、あてのない旅コース」

「は…?」

「どれも…修行には、もってこいです!」

「しゅ…修行?」

「…どれか ご一緒しませんか?」

「いえ、遠慮させて、もらいます。」




    

    
★過去の作話★「月白の諧謔」

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

気を使われて…

「仕事が忙しくて…」

「…」

「─ 連休中にあった…中学のクラス会とか、いとこの結婚式とか、全部、出席出来なかった…」

「私なんて…忙しだろうからって気を使われて、最初から、誘っても もらえませんでした!」

「そういう気の使われ方って、孤独感が増すんだよねぇ…」

「せめて…予定ぐらいは、聞いてほしいですよね!?」

「でも、もし聞かれたら…どうにか できたの?」

「─ まあ…断わるんですけどね。。。」




    

    
★過去の作話★「月白の諧謔」

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話保管庫★
「月白の諧謔」


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場