銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

ワッハマン

最高の気分。

「くっくっく…流れこんでくるぞ。これが死か!?」

戦いに負けた男は、歓喜の声を上げた。

「─ ひひひ。最高だ! 最高の気分だ!!」

「負け惜しみを言うな!」

「貴様には理解出来まい。不死身と言う無限の牢獄を。
 ─ 永かった。空しさを紛らわすために、何度、文明を興し、滅ぼしたか…
 しかし、そんな事を繰り返しても、私の心は、一度も満たされなかった」

「…」

「だが、お前が現れた。それで私には、死と言う希望が、もたらされたのだ!」

「死が希望!?」

「そうだ。永遠の時間は、無に等しい。
 ─ 永遠の生命は、生きながら死んでいるのに、等しいのだ。
 私は今、その孤独な地獄から、救い上げられる。。。」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

いくら?

「魚屋さん、これ いくら?」

「1尾200円で、3尾で400円です」

「…2尾だと、いくら?」

「─ 400円です」

「2尾でも3尾でも…400円なんだ」

「はい。」

「だったら…3尾のうちの、タダのやつを売って!」

「…え?」





    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

失敗。

「多額の費用を使って、成果が上がらないという批判が…」

記者に質問に、『宇宙開発集団』の担当者は答えました。

「多額と言うのは、いまの予算の10倍以上出してから言ってくれ」

別の記者が発言します。

「この失敗の原因について…」

─ ぐわっしゃん ─

『宇宙開発集団』の担当者は、机をひっくり返しました。

「失敗、失敗というなーっ!! 技術試験段階のロケットは、トラブってなんぼのもんじゃい!! モノを知らん奴が、勝手なことを言うな―っ!!」



ワッハマン 6 (モーニングKC)
あさり よしとお
講談社
1995-08

    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場