銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

兄友

趣味。

「じゃあまず、みんな自己紹介をしよう。名前の後に、自分の趣味を言ってくれ」

先生の言葉を聞いて、まいさんはハッとします。

「『趣味は家事です』って、高校1年生で これは、所帯臭すぎる!!」

クラスの中のポジションを『そんな感じ』にされたくなので まいさんは悩みました。

何も思いつかないうちに、どんどん順番は迫ってきます。

追いつめられて、まいさんは決断しました。

「とりあえず、家の外!家の外のことを言わないと!!」

----------

「じゃあ、次の席」

順番が回って来て、先生の声が掛かります。

まいさんは立ち上がって、自己紹介を始めました。

「七星まい…趣味は、百均巡りです!!」

この一言で、まいさんの、クラスの中のポジションは『お母さん』に決まったのでした。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

限定クッキー!!

「わあ、見て。すごい行列~」

「あのケーキ屋、テレビでやってた…なんか幸せになれるやつ!」

「彼女から彼氏にプレゼントすると、2人は幸せになれる…」

「カップル限定クッキー!!」

「超はやってるじゃん!」

「今、彼氏いないけど…並びたい~」

「─ 作っちゃえば?クッキー用に!」

「…クッキー用ボーイフレンド?」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

シミ抜き~?

「え?何してんのソレ。」

高校の手洗い場で、腰を屈めて、何かしている 女子生徒を、男子生徒が覗き込みます。

「…シミ抜き~?」

汚れたクッションカバーに、水を付けて擦っているのに気が付いて、男子は失笑しました。

「ぷ、バアちゃんかよ!しょたいくせ~!!」

男子は女子に、ニヤニヤ顔を見せます。

「お前、彼氏いないだろー?」

「…」

「─ あ、でも、お前けっこー胸あるしなー、期間限定なら、俺の彼女に、してやってもいいかも!! 特別な!」

自分勝手な言い分を聞かされた女子は、疲れた声で呟きました。

「…お断りします。」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場