「約束しよう、僕は絶対君を、ひとりにはしない…」

吸血鬼の男は、人間の女性の手を取りました。

「─ 人間より寿命が長いから…!! 君の最後まで一緒さ…!!」

吸血鬼にしか言えない、ロマンチックな様で、超現実的な口説き文句です。

寂しがり屋の女性は、この言葉に落とされます。

「君以外の血は飲まないよ。あの月に誓おう」

空に向かって右手を上げる吸血鬼に、女性は笑顔を見せました。

「うれしいわ、あなた」

ここに、夫が吸血鬼で、妻が人間の夫婦が誕生します。。。

----------

ある時、空腹に耐えかねた夫は、多めに血を吸ってしまいます。

そのせいで、妻は貧血で倒れました。

夫は妻に駆け寄ります。

「すまない。吸いすぎた」

反省した夫は、妻から血をあまり吸わない様にしました。

栄養不足で やつれる夫。

憔悴した手を、妻が握ります。

「あなた。もっと吸ってもいいのよ!」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ