銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

絵解き_雑兵足軽たちの戦い

水の確保…

戦では、水の確保に苦労する。

敵地で井戸を発見しても、その底に人糞を沈められている可能性があるので、その水を迂闊に飲む訳にはいかない。

そこで、川の水を飲む事になる。

その場合、沸かすか、水を鍋に入れ、杏仁を絹に包んだものや、故郷のタニシの陰日しを入れて消毒し、その上澄み水を飲んだりする。

しかし、腐敗した死骸が流れていたり、敵に故意に汚物を流されたりした場合、川の水も飲む事が出来ない。

その場合、泥水を布で濾して、その上澄み水を飲む。

それも出来ない場合には、死骸の血を飲むか、草木を啜って水分を吸う事になる。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

武具は自前

原則として、戦国時代の足軽の、衣服や腰刀、使用する武具は自前であった。

自前の武具がない足軽には、鎌や鋤の様な土木用具でも許され、竹槍を持参することを許す領主もいた。

それさえも準備できないものには、堅木で作った木刀を与えて、腰刀の代わりにさせた。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

味方討ち

戦国時代、目に余る程の味方討ちには、鎌倉時代以来の武士の慣習法に従った罰があった。

それは、財物の没収されるか、小指を切断されるのである。

武士の場合、左を切ってしまうと、弓が構えられなくなるので、右手の小指が切られた。

雑兵の場合には、槍などの打物を振るのに、右手の小指が必要なので、地域によっては、左の小指を切断する場合もあった。

何度も味方討ちをすると、小指に加えて、薬指も切られる事になる。

そう言う雑兵は、仲間内で、乱暴な粗忽者として馬鹿にされた。

ちなみに、ヤクザの「指詰め」は、これに由来するそうである。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場