銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

銀河英雄伝説

人間関係。

悪しき官僚の属性。

その1つが、人間関係のとらえかたである。

人間関係を、上下方向の軸でしか 見ないのだ。。。

----------

官僚は、上位者に対してなら、いくらでも卑屈になれる。

どれだけでも、頭と腰を低くすることが できるのである。

それによって、官僚の矜持が傷つくことは、いささかもない。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

必要ない

才能だけで忠誠心や国家意識の欠落した人間を信頼すべきではない。

生きるために戦うものなど必要ないのだ。

疑問や反発などいだかず、命令のままに喜んで死んでいく精神的家畜。

それこそが、国家と軍隊にとって有益な人材なのだ。

重要なのは、民主主義を守ることではなく、民主国家を守ることなのだから。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

言いづらいことだが…

「非道は承知している…」

「…」

「─ その上で、私は国家の生存を とらざるをえんのだ」

「1個人の人権を守るために総力をあげるのが、民主国と言うものでしょう?」

「言いづらいことだが…国家の存亡は、1個人の権利というレベルで語りうるものではない。」

「─」

「…私の心が、痛みをおぼえないとでも思っているのか?」

「なるほど…あなたは、良心的でいられる範囲では、良心的な政治家らしい」

「・・・」

「だか、結局のところ、あなたがた権力者はいつでも切り捨てる側に立つ。『国のため私情を殺して筋をとおした自分は、何とかわいそうで、しかもりっぱな男なんだ!』というわけですな… そんなのは、自己陶酔にすぎませんよ。」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場