銀曜日の戯言

領国は越前敦賀 官位は従五位下 官職は刑部少輔

「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」

ご訪問、有難うございます。

当ブログでは、コミックや文字本の、興味深かったエピソードや、個人的な駄文、オリジナルの作話を掲載しています。

200年の夜と孤独

針仕事。。。

吸血鬼は、針仕事をしていました。

「ぶすう」

つい手元が狂い、針で指を刺してしまいます。

傷口から、滲み出る血。

「ぢゅううううう」

無意識に、指先を口先に運びます。

咥えた指先から血を吸いながら、吸血鬼は思いました。

「これは…自給自足!?」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

伸びる…

少女は、日本人形でした。

所謂『髪が伸びる人形』です。

髪は、日々伸びます。

しかし、気味悪がって、髪を切ってくれる人は誰もいません。

伸びる一方に髪の毛。

「ちっ、仕方ないな」

耐え切れなくなった少女は、ある決断をします。

----------

それから日本人形は、伸びた髪を、自分で切る様になったのでした。。。




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

花粉症?

「へっくしゅんっ!」

春のある日、男性がくしゃみをします。

側に居た女性が尋ねました。

「花粉症?」

「去年は大丈夫だったんですけど、鼻が…」

女性は吸血鬼でした。

自分が呼吸してないので、男性にも提案してみます。

「息をしなければ、楽なんじゃない?」

「…死にますが」

「あー」




    

    
★過去の作話★

「1日1回」クリックお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ

紀之介
★過去の作話★


「紀之介@otn_knsk」で
ブログ更新情報を呟いています。

Twitterをフォローする

ブログで取り上げた本
楽天市場